度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » スポーツ用グラスと視力と視機能について

スポーツと眼に関して Ⅶ スポーツと視力

2016年10月23日 – 10:08 午前

動体視力には2種類ある

スポーツ選手はDVA(動体視力)も優れている。動体視力には、DVAおよびKVAがある。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

上部イラスト向かって左側がKVA(Kinetic Visual acuity)前方から自分のほうに向かってくる目標を見る時の動体視力、右側がDVA(dynamic visual acuity)眼の前を横に動く目標を見る時の動体視力です。今回のページ投稿はDVAに関してです。

ただし、現在においてDVAを測定できる機械がありません。

アメリカのスポーツビジョン研究者ルース氏の研究結果において、大学の野球選手18名と、非スポーツ選手25名のDVAを比較したところ、有意にスポーツ選手がすぐれていたというのである。

彼らはスポーツ選手のDVAがすぐれている理由について、素質的にスポーツ選手が能力が高い、あるいは練習をくり返すことによるトレーニング効果、という2つを考えているが、先のKVAのトレーニング効果からするとDVAも日頃のスポーツによる練習効果とみるのが妥当ではなかろうか。先に、KVAの動体視力は速度が速いほど低下も大きい、としたが、DVAの視力も対象の速度が速いほど低下する。低下の度合について、メスリングらの実験によれば、静止視力が約1.3であれば視標が動くときには1.0になり、横の見る範囲が広くなり速度が速くなればなるほど、視力は低下する。

以前、「スポーツ選手の目」をとりあげたテレビ番組のなかで、スポーツ選手のDVAに関しておもしろい実験をおこなっていた。新幹線のホームに立ったアイスホッケー日本リーウのゴールキーパーの選手に、眼の前を通過する列車の窓にはられた文字が読めるか、というものであった。この人には、たんに窓に文字が1つ書かれていることだけ知らされ、何両めか、文字は何であるかなどはいっさい知らされていない。にもかかわらず、このキーパーは目の前を時速300Kmで疾走する文字が見事に読めたのである。バックが激しく行き来し、これを的確に追跡することを繰り返しているキーパーにとっては、時速200Km(秒速55m)で動くものも難なく判読できるのである。文字の判読は網膜中心窩にとどめなければできない。文字らしきものが視野内に飛び込んで来たら、ただちにそれに正確に眼が跳んで、スムーズな眼球運動(おそらく、頭も一緒に動いている)で、文字を中心窩にとらえながら一瞬のうちに判読する。このような選手は、中心窩から文字をはずさないように「眼球運動+頭」を動かすことが非常にすぐれているのではないかと考えられる。