度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

ほんとうの偏光サングラス&偏光グラスー16 ZL:Ignite TI

2013年1月26日 – 5:00 午後

ヨット(セーリング)どきに快適なサングラスは偏光サングラスです。 ふつうのサングラスレンズと

      偏光レンズの大きな違い・・・

■偏光サングラス

偏光レンズは光量を抑え、反射光、紫外線をカットし、より快適な視界を確保する機能が大きな特徴です。また、眩しさや反射光を、より効果的にカットできるレンズです。そのため、サングラスの機能を重視するのであれば、偏光レンズが最も適正なサングラスレンズと言っても過言ではないと思います。偏光膜という特殊なフィルムがレンズに入っているレンズで、反射光をカットします。水中がよく見えるメガネと思っている方が多いと思いますが、偏光度、可視光線透過率、カラー特性の違いによって見え方が変わってきます。乱反射をカットすることで目の疲れを和らげます。

雪山では雪面からの反射光をカットするので、よりクリアな視界を確保できます。
マリンスポーツでは水面のギラツキを軽減し、水中まで見えやすくなります。

偏光膜はPVAを延伸し、分子の向きをそろえ、ヨウ素や染料を結合させたもので、
細かなPVAスリットの集合体です。

偏光レンズの製法は色々とありますが、偏光膜をレンズの中にサンドイッチしたものです。
偏光レンズに光が入ると、垂直な振動分子(電場の振動成分)だけが細かなスリットを
透過するので、光の振動方向がそろいます。

水面や路面に反射した光は横波で、この光をスリットでカットする為に、反射光を抑えてクリアな
視界を得ることが出来るのです。

偏光レンズの度付きサングラスカラー&偏光レンズ選び。シーンで選ぶ偏光レンズカラー選び。

スポーツサングラスの理想レンズとして、偏光レンズカラーをお奨めいたします。 度付きスポーツサングラスの理想レンズとして、度付き偏光レンズカラーをお奨めいたします。 度入りスポーツサングラスの理想レンズとして、度入り偏光レンズカラーをお奨めいたします。
めまぐるしく瞬時に変わる光の環境に。反射光で増幅される不規則な光を整えます。雄大な自然の風景をより美しく印象的に。

安価な偏光レンズと高価な偏光サングラスの違い

ポリカーボ偏光サングラスとCR素材偏光サングラスの違い。

・ポリカーボの素材で製作されている偏光サングラスはサングラスのフレームに加工して製作する時にレンズに圧力をかける為に偏光の効果を下げる。
CR素材に関しては圧力をかけずに製作できる為に偏光度の効果をそのまま利用できる事が大きな違いです。これらによって価格にも反映されます。

(裸眼)
偏光&偏光レンズ&偏光サングラス&偏光グラス ・紫外線や反射光がそのまま目に入り、眩しさが目の疲れの原因となります。

とくに、裸眼の釣りどきには水面からの反射光、上空からの太陽の直射光によって水中や、糸、浮きが見にくく一瞬のタイミングを逃すことになります。そのため、釣り時には、竿・リール・釣り糸・仕掛けと共に大変重要な道具の1つに偏光サングラスが必要です。裸眼では紫外線や反射光をカットできないので、目にストレスを感じやすくなります。

偏光グラス&偏光レンズ&偏光サングラス&偏光 ・サングラスは上空からの太陽の直射光だけをカットします。

とくに、一般のサングラスを掛ける場所においては街中、ドライブなどでファッションを加味してサングラスを掛けることが多く、路面の反射や車のボンネットの反射、つまり乱反射までを気にして掛けることはほとんどの場合いらっしゃらないと思います。ただ、サングラスの理想としてのレンズは精度の高い偏光レンズが理想でしょうが、製造コストが高くなり一般サングラスにはあまり仕様していません。

偏光レンズの製法によって、長時間使用しても疲れにく偏光サングラスが出来上がります。 ・サングラスレンズの理想レンズとしての偏光サングラスレンズをご提案。

偏光レンズは、レンズの間に偏光の非常に薄い(40ミクロン)フィルムを特殊な製法で挟み込んみます。このフィイルムが光を一定の方向へ制御する役割を果たして乱反射を防ぎます。乱反射やギラツク光は通常の自然光よりも7~10倍光が多方面からたくさん目に入ります。その為に、目で見る対象物が見にくくなります。通常のサングラスレンズはこのギラツク光をカットできないのです。

偏光グラスで、もっと楽に見える、もっとよく見える。お奨めの偏光レンズ。 ・偏光レンズはサングラスレンズの理想と言っても過言ではないでしょうか?

サングラスに一般の方が求めるのが「まぶしさ」「ファッション」である。この「まぶしさ」の上空からの光はカットできますが、ファッション性に関しては特に女性から見たサングラスに対するイメージは、レンズのカラー配色の問題があり、偏光レンズでは、一般サングラスレンズ(レンズの上部カラーと下部カラーが違える)と違って全面一色のカラー配分が基本になります。そのため、確かに装用イメージがきつく感じることを嫌うようである。

まぶしさを抑えるスポーツサングラスのレンズ理想は偏光レンズです。

ZL:Ignite TI イグナイト ティーアイ

フレーム素材:チタニュム

レンズ:TALEX CR39Polarized ハンドメイドコート6K

フロントサイズ;145mm

偏光サングラスは白内障の予防や、男性疲労の予防にも役立ちます。 レンズで挟み込むフィルターが偏光レンズの命です。 状況に応じた偏光レンズカラーの偏光グラスを掛けることが大切です。

①                    ②                   ③

①.堅牢な耐久性を思わせる豊かなボリューム。軽量かつ高強度なフルチタン製フレーム。

②.天地幅の広さに定評のあるワイドな視界。オーソドックスなスタイルが質実剛健を体現する。

③.重圧感漂う佇まいを引き立たせるコンビカラー、マットクロームの精悍なカラーリング。

■偏光レンズの素材

偏光サングラスのカラー選びは、アウトドアの環境によって適したカラー選びをすることが大切  PPL75

1975年に開発された、世界初の全面均整PLASTIC(プラスチック製)偏光レンズ。高性能フィルターを仕様し、TALEX独自のモノマー注型製法で他にに類を見ない、優れた偏光・光学性能を実現。プラスチックレンズ特有の「揺れ」「ひずみ」をなくし、スッキリしたクリアな見え方と軽さが特徴です。

■視覚バランスマーク

偏光サングラスのカラーバリエーションにはすべて見え方に違いがあります。

「ザ・レンズTALEX」のカラーは、ナtyラル度、コントラスト度、ブライトネス度の視覚バランスを意識して染色されています。GOV(Quality of Vision)=(見え方の質)を研究し優しく見るために必要な機能を、視覚バランスマークで表しています。すべてのカラーは、目に有害な紫外線を99%カット。

自然な視界のまま、まぶしさを抑える偏光レンズはサングラスの理想です。 ZL:Ignite TI

イグナイト ティーアイ:F-980

フレーム:マットクローム

レンズ:TVS

TVS トゥルービュースポーツ

偏光レンズカラー選びは、天候や時間、季節、環境によって選ぶことが大切です。  ”トゥルービュー®”のナチュラル感はそのままに、コントラスト性能をプラスし、物をシャープに見せます。アスファルトの凹みや車の輪郭などが際立ち、ドライブやスポーツに集中できます。トゥルービュー®同様濃度が薄く且つカット率の高い高性能レンズです。雑光カット率:99% 可視光線透過率:30% 素材:PPL75・CACCHU 天候:晴天

 偏光フィルターカラー選びは、天候や時間、季節、環境によって選ぶことが大切です。  視覚バランスマーク

ナチュラル:70%

コントラスト:15%

ブライト:15%

視界がより明るく鮮明に感じる、まぶしさを抑える偏光レンズはサングラスの理想です。 ZL:Ignite TI

イグナイト ティーアイ:F-981

フレーム:マットクローム

レンズ:EG

EG イーズグリーン

度つき偏光サングラス選びは、状況下における偏光レンズカラーを選ぶことが大切。 カラーテーマはNatural&Healing。サングラスのイメージを変える明るい色合い(視感度の最も高い555nmにピークあり)を保ち、眩しさを抑え、自然に目が癒されるような視界でアウトドアでもインドアでも目元が明るく感じます。同時にコントラストも強調したレンズです。雑光カット率:90% 可視光線透過率:40% 素材:PPL75・CACCHU・GPL66 天候:曇天/雨天

偏光サングラス度つき選びは、状況下における偏光レンズカラーを選ぶことが大切。 視覚バランスマーク

ナチュラル:30%

コントラスト:10%

ブライト:60%

コントラストと自然な色合いのバランスのとれた偏光サングラスのご提案。 ZL:Ignite TI

イグナイト ティーアイ:F-982

フレーム:マットクローム

レンズ:AC

AC アクションコバー

偏光サングラスカラー選びは、天候や時間、季節、環境によって選ぶことが大切です。   カタチを徹底的にクッキリと見せるコントラスト性能を意識しながらも、可視光線ゾーンの波長曲線の急激な変化を最小限に抑えることにより、シャープなのに「眼の優しい」「長時間使用しても疲れにくい」というハイコントラストラストカラーを実現しました。雑光カット率:99% 可視光線透過率:30% 素材:PPL75・CACCHU 天候:晴天/曇天

スポーツ用サングラスの偏光レンズ仕様は、快適な視界を提供できるサングラスです。 視覚バランスマーク

ナチュラル:0%

コントラスト:100%

ブライト:0%

高品質な偏光フィルターによって明るい眩しくない偏光グラスを実現しました。 ZL:Ignite TI

イグナイト ティーアイ:F-983

フレーム:マットクローム

レンズ:MB

MB マスターブルー

季節、時間、天候、水質、太陽の位置、ストラクチャーの影を考慮した偏光サングラス。 ジールサングラス仕様

ナチュラルな視界のグレー系をベースに配合されたブルーが、微妙な潮の変化が判別できる自然なレベルで、青系や白系を強調。同系色の青い水面や透明度の高いクリアな水域では、スッキリと澄みきった視界でディーブに潜む魚影を明確にする。雑光カット率(偏光度):99% 可視光線透過率:30% 素材:PPL75 天候:晴天

偏光レンズは、高性能の偏光フィルターを仕様した偏光サングラスを選ぶことが大切。

高性能偏光フィルターが有害な紫外線や反射光を取り除き、目に優しいクリアな視界を実現。可視光線透過率は、レンズが自然光を通す割合を表した数値。偏光度は照り返しなどの反射光をカットする割合で、偏光性能の高さを表す。