度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

競技に合ったスポーツメガネフレーム SW:IDENT/Eye Guard

2012年11月24日 – 10:51 午前

サーフィン、ウインドサーフィン、カヌー

  カイトボード、水上オートバイ、水上スキー、ボディーボードなど

ウォータースポーツに適したスポーツメガネフレーム

スポーツグラスには、サーフィン用メガネやウインドサーフィン用メガネがあります。

メガネやコンタクトレンズの効果は明確ですが、ウォータースポーツにおける使用は、メガネやコンタクトレンズを装用されていない人よりもデイスクが大きいと思いますが、このような方々に少しでもウォータースポーツどきに適した度付きメガネフレームのご紹介です。また、眼が悪くなくてもウォータースポーツどきの水面のギラツキを抑えるなど、光に関する眼の負担を和らげることで競技に多大な影響を与えるサングラス、度入りサングラス選びのご提案ショップ。

ウォータースポーツグラスに、水に浮くメガネがあります。

SW:IDENT2 DM-02

フレームカラー:ワイン (WIN) フレームサイズ:サイズ:横幅152mm/高さ36mm

■フレームの特徴

水に浮くメガネ、水に浮くサングラス、水に浮く度付きサングラスのご提案。 

スポーツグラスの水に浮くメガネ、水に浮くサングラス、水に浮く度付きサングラスのご紹介。 スポーツグラスの水に浮くメガネ、水に浮くサングラス、水に浮く度入りサングラスのご紹介。 太陽から降り注ぐ多量の紫外線と 水面からの強烈な反射光が眼を襲う “ウォータースポーツ”この紫外線と水面のギラツキ(反射光)が眼をくらませ、眼を傷めます。ウォータースポーツ用として設計されたIDENTシリーズは、水上の激しい動作の中でも、しっかりと眼を護り、正確な視界を提供します。

*ストラップ:

IDENT2グラスは長時間の着用でも側頭部に圧迫感を感じないように、 テンプル全長にわたりグリップラバーで覆い、またその延長はマジックテープのバックバックルであなたにあったサイズに簡単調整!激しいライディングでもグラスがずれたりすることなく、いつでも快適な視界が確保できます。

*ノーズパッド:

人の顔の形は千差万別です。 多くのライダーが快適に使用できるように、IDENT2グラスは、サイズの違うノーズ2つで1セット。

*リーシュコード&フローター

瞬間的な衝撃を受けたときなどの度付きメガネ紛失のリスクを低減させるため、このフレームはリーシュコード&フローターを標準装備しました。

スポーツグラスの水に浮くメガネ、水に浮くサングラス、水に浮く度付きサングラスのご紹介。 SW:IDENT2 DM-01

フレームカラー:ダークスモーク (DSMK)

フレームサイズ:サイズ:横幅152mm/高さ36mm

スポーツグラスの水に浮くメガネ、水に浮くサングラス、水に浮く度つきサングラスのご紹介。 SW:IDENT2 DM-04

フレームカラー:ライトブラウン (LBR)

フレームサイズ:サイズ:横幅152mm/高さ36mm

 SW:IDENT2 DM-03

フレームカラー:ライトスモーク (LSMK)

フレームサイズ:サイズ:横幅152mm/高さ36mm

<注意>商品は予告なく変更、終了することがあります。

■サーフィンとサングラス&度付きサングラス

”目でキャッチ”できるかで勝率が変わるスポーツ、それがサーフィン。
サーフィンは他のスポーツとちがって、いつも同じトラックの上で同じライディングができるわけじゃない。環境や状況によって波の形状やスピードはいつも違う。だから自分の理想のライディングができる波をしっかりと”眼でキャッチ”できるかで勝率が変わるスポーツ、それがサーフィンなんです。そう、大袈裟でなく80%以上は眼で決まるといっていいぐらい。実際競技中もライディング前から次に来る波は何発ターンができるか?いくつ技を入れられるか?そんなことを考えているし、次々に変化する波の情報を眼で追ってるし、だから日頃、日常生活レベルから眼を守ることが本当に大事になってきます。決してサーフィンだけじゃないと思うけど、サーフィンは眼にとって悪い条件が唸るほどあります。特に太陽光はかなり厄介です。紫外線(UV)を浴び続けると白内障や翼状片になるし、特に僕の周りには翼状片にかかった人が多い。紫外線は直射だけじゃなく、海面や砂浜の照り返しでも眼に入ってくるし、海にいるということは、自分の眼をずっと紫外線に晒していること変わらない。だから詰まるところ、サーフィンでいい成績を収められるかは、どんな時でも紫外線から眼をケアし、ライディング時に”いい眼”で臨めるかにかかってきます。でも単にサングラスをかけるだけではケアしていることにはならない。紫外線を100%カットしつつ、ギラついた海面に現れる”いい波”をキャッチできる。ハイビジョンのようなクリアな視界のレンズじゃなきゃダメなんです。そんな理由から僕はOAKLEYを選びました。赤道近くのインドネシア近辺は波がいいから頻繁にトレーニングに行くけど、日本に比べると太陽の光が異常に強く、半端じゃない紫外線を浴びることになる。仮に何年も頻繁に行ったり来たりしてると、眼が日焼けして当然視力も落ちるだろうし、サーフィンだけじゃなく普段の生活でも支障がでるはず。僕はUVカットが他社と違う製法で、だから100%紫外線カットしてくれるOAKLEYにしました。それにレンズカラーのバリエーションも豊富だから、どんな天候にも対応できるし、サーフィンをするうえでOAKLEYのサングラスは僕にとってなくてはならないもの。眼は長い時間をかけて悪くなっていくものだから普段からかけ続けなきゃいけない。だから信頼できるレンズで、かつスタイリッシュなデザインのOAKLEYにしたんです。田中樹プロファーファー著

サッカー、バスケットボール、バレーボール

  野球、ドッジボール、アメリカンフットボールなど

球技スポーツに適したスポーツメガネフレーム

スポーツに適したスポーツグラス選びは競技によって選ぶことが大切。 スポーツに適した度付きスポーツグラス選びは競技によって選ぶことが大切。 スポーツに適した度入りスポーツグラス選びは競技によって選ぶことが大切。

スポーツに適した度つきスポーツグラス選びは競技によって選ぶことが大切。

SW:SVS-500N フレーム素材:ナイロン+エラストマー

フレームカラー:クリアブルー フレームサイズ:135×44 (56□21)

■フレームの特徴

シリコーン製サイドクッションパーツ、衝撃分散と高いフィッティングを実現するフェイスパッド、ベルクロ式調整ベルト、ずれ落ちを抑制するシリコーンロゴプリントを採用。

スポーツに適したスポーツグラス度つき選びは競技によって選ぶことが大切。 程よい柔らかさのシリコーン素材でフレームが直接頭部に当たることを防ぎます。外と内との厚みが異なり、反転させることで各ユーザーに合ったフィッテングを実現します。頭部はしっかりとベルトで頭にクリップし、ズレ落ちを抑制します。

スポーツに適したスポーツグラス度入り選びは競技によって選ぶことが大切。 他の方との接触による危険を最小限にするために、耐衝撃性に優れるラバー素材のパッドが、鼻部から眼部までしっかりと覆います。パッドに施された溝は衝撃の分散と、高いフィッテングと効果を実現します。

スポーツに適したスポーツグラス度付き選びは競技によって選ぶことが大切。 子どもさんの顔、頭の状態に合わせ、ベルトの長さ調整はベルクロ式でお子様でも簡単に行えます。バックル等の硬質なパーツを使用していないため、安全性にも優れます。細部の各パーツは消耗品ですので取り換えが可能です。

スポーツグラス度付き選びはスポーツ競技に適したスポーツグラスを選ぶことが大切。 SW:SVS-500N

フレームカラー:ブラック

フレームサイズ:135×44 (56□21)

スポーツグラス度入り選びはスポーツ競技に適したスポーツグラスを選ぶことが大切。 SW:SVS-500N

フレームカラー:クリア

フレームサイズ:135×44 (56□21)

スポーツグラス度つき選びはスポーツ競技に適したスポーツグラスを選ぶことが大切。 度つきスポーツグラス選びはスポーツ競技に適したスポーツグラスを選ぶことが大切。 例えば、サッカーにおいて目があまりよくないというだけで、サッカーが好きという気持ちは他のお子さんと変わらない,子供の気持ちを大切にしてあげたい・・・・・・

度入りスポーツグラス選びはスポーツ競技に適したスポーツグラスを選ぶことが大切。

SW:SVS-600 フレーム素材:ナイロン+エラストマー

フレームカラー:ブラック フレームサイズ:125×43(50□17)

度付きスポーツグラス選びはスポーツ競技に適したスポーツグラスを選ぶことが大切。 SW:SVS-600

フレームカラー:クリア

フレームサイズ:125×43(50□17)

スポーツグラス選びはスポーツ競技に適した度付きスポーツグラスを選ぶことが大切。 SW:SVS-600

フレームカラー:クリアブルー

フレームサイズ:125×43(50□17)

スポーツグラス選びはスポーツ競技に適した度入りスポーツグラスを選ぶことが大切。

SW:SVS–700 フレーム素材:ナイロン+エラストマー

フレームカラー:ピンク フレームサイズ:122×43(48□16)

スポーツグラス選びはスポーツ競技に適した度つきスポーツグラスを選ぶことが大切。SW:SVS-700

フレームカラー:ホワイト

フレームサイズ:125×43(50□17)

スポーツグラス選びはスポーツ競技に適した度付きスポーツグラスを選ぶことが大切。SW:SVS-700

フレームカラー:ブラック

フレームサイズ:125×43(50□17)

SW:SVS-700

フレームカラー:ネイビー

フレームサイズ:125×43(50□17)

■サッカーとメガネ

例)川崎市サッカー協会より・・・

川崎市サッカー協会第4種委員会登録の各チームの皆様に、同委員会主催の公式戦において下記条件でスポーツ用眼鏡の着用を認めることとしたい。

(1)試合を担当する審判員だけではなく必ず本部が着用可否の判断をする。

(2)スポーツ眼鏡をかけた選手のいるチームは対戦相手のチームに対してその旨を試合前に知らせる。

(3)通常の弦のある眼鏡は認めない。

(4)ゴーグル型のスポーツ眼鏡のみ着用を許可する。

(5)通常の弦のある眼鏡をした上にゴーグルを着用する事は認めない。

(6)スポーツ眼鏡の着用はスポーツコンタクトが出来ないお子さんに対しての対応措置であり、サッカーというスポーツの性格を考えるとスポーツコンタクトを着用することの方が望ましい。

(7)万が一事故が起きた場合にはこの当事者が誠意を持って対応する事とし、その試合に関係した審判員、本部役員、また川崎サッカー協会は一切その責任を負うものではない。

例)東京都大田区サッカー協会少年部の見解より・・・・。

・メガネの着用は主催者・会場責任者が可否を判断する。

・着用できるメガネは安全対策が講じられていること。

(1)レンズを含む全てのパーツがプラスチック製である。

(接触した時、相手に怪我をさせない素材であること)

・金属製のメガネはスポーツメガネでも使用できない。

・フロントとテンプルのジョイント金具を除くパーツがプラスチック製である。

(2)フレームは丸みのある形状をしている(角張っていない)こと。

(接触した時、相手に怪我をさせないデザインであること)

・通常のメガネのように顔から出っ張らずできる限り顔の丸みに近いもの。