度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » ドッジボールks, ドッジボールこども用

ドッジボール子ども用メガネ

2018年2月24日 – 1:41 PM

小学校のドッジボール時の眼鏡装用

小学生の激しい動きに少しでも安全で、ズレにくい「ふだん眼鏡」装用のご提案・・・ドッジボールどきのメガネ

小学生・幼稚園児等の激しいスポーツどきの安全なメガネには、子供のスポーツ専用眼鏡、ゴーグルがありますが、普段のメガネとして装用しにくく、経済的にも負担が大きいと思われます。昨今、サッカー、野球、ゴルフ、卓球、体操、バスケットなどのあらゆるスポーツにおいての低年齢化が進む中、学校においての授業にも激しい運動が増えてきています。眼が良い方だけが体育をされるのではなく、眼の悪い方がメガネを掛けて体育をされることも多くあります。例えば、ドッジボールや、バスケットボール、ときにはサッカー等、直接ボールがメガネにあったたり、他の選手との接触プレーにおいて、メガネにあたったりする危険は低学年ほど高くなるのではないでしょうか。体育の時間だからといって、メガネを掛けていても安全な運動は沢山あります。

小学生以下のドッジボール時のふだん眼鏡に適したメガネフレーム選び

 Ⅰ.衝撃に強いフレーム素材を選ぶ。(超弾性合金・NT合金・形状合金・βチタン等)

ドッジボール時の丈夫なメガネ  壊れにくい素材

Ⅱ.一般のメガネフレームのパッド(鼻部)を下記ツインパッドに取り換える。

ドッジボール時の安全メガネ  ずれにくいグッズ

Ⅲ.衝撃に強いフレームのテンプルの先セルを取り換える。

ドッジボール時ののズレにくいメガネ 確かなフィット感

 注:治療を目的にした遠視・乱視・弱視の子供メガネには不向き

注:当サイトの目的は、眼鏡を掛けてスポーツ競技をされる方のお役に立つ情報を提供させていただいています。店頭での商品ご購入、他社での通販等での購入の際は、商品№及び商品写真、特徴等をご確認の上ご注文願います。