度付きスポーツグラスと目の保護グラス

学校やクラブチームのスポーツによる眼損傷の予防として、保護用ゴーグルや度入りグラスをご提案いたします。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までのサッカーや、野球などのスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)によって、メガネのフレームやレンズ、サングラス度付きの選び方が変わってきます。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

競技別、用途別など、さまざまなニーズにおこたえできるような品ぞろえにつとめています。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適なメガネ、サングラス、ゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » アウトドアスポーツ, スポーツに適したレンズ

トレッキング度付きサングラス

2017年9月21日 – 3:10 PM

山歩き(トレッキング)時の度入りスポーツサングラス

山は高く登れば登るほど、強い紫外線を浴びることになるわけです。当然、守らないといけない。けれども、国内登山ではまだまだ意識が低いのが実情です。昨今では、紫外線だけでなく青色光といった眼病の原因となる光が、目の負担をさらに増幅しています。このような眼に対する負担を少なくするには、普段、眼鏡を掛けていない人、普段、眼鏡を掛けている人、何れの人にとってもサングラス、度入りサングラスが必需品になってきます。また、デザイン性を加味したサングラスとして、スポーツサングラスは山歩きどきには左右からの光にも効果があるのでオススメのサングラスと思います。

トレッキングどきのサングラスはとても重要です登山だけではない紫外線対策の重要性

-紫外線は1000m登れば10%強くなる-

海外では、普段の生活でも常識となっている紫外線対策。UVという言葉は、いまや化粧品などのテレビCMで普通に使われるようになり、皮膚や目に悪影響を及ぼすことは皆さんご存知でしょう。そして、この紫外線は、厄介なことに標高が高くなればなるほど強くなる性質を持ち、標高が1000m上がれば10%強くなるといわれています。

スポーツ用サングラスレンズ&度付きの理想

トレッキングどきに優れた度付きスポーツサングラスを作るためには、細部まで注意を払うべきです。例えば、フレームにおいては快適な装用感を得ることが出来るなどを考慮した形状、衝撃に強いフレーム。そして数あるレンズの中でも安全なレンズであり、レンズの曇りが最小限、遮光性と鮮明度の両立を確保されたレンズ等、その機能を十二分に生かしたNXTレンズをお奨めいたします。

トレッキングどきの度付きサングラスで青色光や紫外線をカット

このレンズの原理は、光を拡散して視認性を弱める性質のあるブルーライト(青色)を抑えることでコントラストを高めるというもの。この奉仕では色の見え方(色知覚)をゆがめない範囲でブルーライトを抑える必要があり、また結果的に赤の波長を強調する傾向が生じるため、高いコントラスト性は限られるものの、より優れた鮮明度や疲労抑制という面で一定の限界がありました。こうした課題をクリアするために生まれたレンズが、ICRX NXT HCDです。また、今までのサングラスレンズ(CR-39、ポリカーボネート)よりも耐衝撃性、軽量さ、耐久性を持ち、CR-39と同じレベルの光学クオリティを発揮する素材として登場したレンズです。

ここでは、特に、トレッキングときに適した、スポーツサングラスレンズ及び度入りサングラスレンズのご紹介をさせて頂いています。

トレッキングに適した度付きサングラスレンズ

N X T

イタリア製(IC JAPAN) 度付き対応サングラスレンズ

(クリアレンズの場合TRI)

屈折率:1.53  比重:1.11  アッペ数:45

■眼鏡用レンズ(度付きスポーツサングラス)として史上最強の素材:

度付き用サングラストレッキング40年以上前にCR-39とポリカーボネートが開発されて以来、素材面において飛躍的な進歩を見せなかったプラスチックレンズ。そうした中で、ポリカーボネート、アクリルを超える軽量さ、耐衝撃性、耐久性を持つ次世代のマテリアルとして登場したのがNXTです。
NXTポリマーは、米陸軍による超軽量防弾プロテクター開発プロジェクトから生まれた素材であり、開発を委託されたSIMULA Incは、陸軍との契約が終了した後に高性能レンズの大手=インテルカスト・ヨーロッパ社と新たに提携。「歪みや劣化の少ないハイクオリティな光学特性」「丈夫でありながら非常に優れた軽量性」という特質を最大限に活かしたサングラスおよびシールド用素材の開発に成功したインテルカスト・ヨーロッパ社は、現在ではNXTの製造権を有する世界で唯一の企業なのです。

<トレッキング時に適したサングラスレンズその一例>

トレッキングどきに適した度付きサングラスレンズICRX SPORTI

NXT HCD WINTERSUN

直射日光や照り返しのある環境で威力を発揮。高い光度下でも長い時間使用できるHCDレンズ。

・光マネジメント技術=LMTシステムで作られたHCD(High Contrast Definition)レンズです。人間の色の知覚となる三原色=「赤」「緑」「青」が区別しにくくなる領域の波長をピンポイントで抑制。網膜が本来感じている色を脳が正確に識別できるようにして、ストレスのない、ハイクオリティなカラーコントラストの実現に役立ちます。

・高い山や真夏の海岸、晴天時の雪上など、澄んだ太陽光や強い照り返しのある眩しい環境に対応するレンズで、日差しの中の長時間運転にも優れた選択となります。強い光をシャットアウトしながら忠実な色彩を保ち、色コントラストを改善して反応時間を短縮、快適な視野を維持します。

・太陽光は、495nmまでの青紫光=HEVにも高いエネルギーを持ちます。これらが強い場合は眼にダメージを与えますが、これを完全にカットすると青色が認識できなくなります。このレンズは色識別に影響を与えない程度に青紫光をフィルター除去します。
トレッキング用度入りスポーツサングラスレンズ

ICRX SPORTI

NXTV B1/40

紫外線の強さで濃さが変わる調光レンズ。
眼にやさしい自然な色合いのブラウン系を採用。

・紫外線の強さで色の濃さが変わるブラウン系調光レンズです。

・コントラストを高めながら自然な視界を保ち、近視矯正用に適用しています。

・長時間でも疲労感を抑え、リラックスして使用することができます。