スポーツと目の保護

学校やクラブチームでのスポーツによる眼損傷の予防法として、防護用ゴーグルをご提案いたします

スポーツと視力

サッカーや、野球や、バスケットボール等の競技は、運動能力だけでなく、目の能力は大変重要な関係があります。

スポーツ眼鏡の選び方

スポーツの競技(種目)によって、メガネのフレームやレンズの選び方が変わってきます。

取扱商品一覧

競技別、用途別など、さまざまなニーズにおこたえできるような品ぞろえにつとめています。

スポーツメガネ相談室

プレー中にメガネがずれる、老眼が進んでボールが見えにくい・・・など、さまざまなご相談にお答えします

Home » サッカーk

■サッカー時の眼鏡の上から掛ける保護グラス

2017年4月27日 – 8:01 AM

眼鏡を掛けているサッカー好きの少年達にご提案

メガネを掛けてカッカーをされることはNG・・・・・

サッカー子供2当然のことながら、メガネをかけてサッカーをすることは、サッカー競技の特性上「体」と「体」あるいは「手」「腕」が眼鏡を掛けている顔に接することで、相手方及びご自身にも危険を及ぼすので使用は認められていない。

そのため、コンタクトレンズを装用することになるのですが、目に何らかの病気があった場合等はコンタクトレンズの装用ができない場合もあり、サッカーができなくなるか、できたとしても、人によってはボールが鮮明度に欠け、バヤケて見える等で競技に支障が出る場合もあります。

少年サッカー用メガネ

MX21確かに大人の方の場合、サッカーのために、ゴーグルタイプの度付きを製作することはお奨めいたします。

また、子供さんの場合も試合等の場合には、ゴーグルタイプを1本製作されることがいいと思いますが、普段の眼鏡だけでなく余分な経費もかかります。

そこで、今回ご紹介いたします普段どきのメガネの上から掛けるオーバーグラスです。

サッカーどきに適した少年サッカーゴーグル

CIMG4415

EG-3

フレーム素材:軟質ビニール レンズ素材:ポリカーボネート樹脂

この商品の用途は、・切削/ハツリ研磨作業 ・クギ打ちハンマー作業 ・切断機/ドリル作業 ・サンダーグラインダー作業 ・草刈り/チェーンソー作業など。

ただし、このオーバーグラスは試合どきには不可能ですが、練習どきなどは、監督やコーチ、父兄の確認のうえ使用が可能ではないかと思いご紹介させていただきます。

CIMG4412

サッカーどきにご使用可能と判断されたとしても、あくまでも、サッカー用として製作されたものではないことをご了承のうえ、万一の事故においては自己責任であることをご理解いただいた上のご紹介です。

CIMG4414

また、場合によっては、学校やチーム等の団体で練習する時などに、メガネを掛けている方々が共通で使用することができるのではないでしょうか?

現在、眼鏡を掛けた上から掛けられるゴーグルの中では、安全なゴーグルと思われます。

その他子供用メガネ&サングラス

治療を目的にした子供メガネは・・・こちらへ

おしゃれなキッズ眼鏡は・・・こちらへ

太陽の光からこどもの眼を守るサングラスは・・・こちらへ