スポーツメガネ度付きショップ|兵庫県メガネのアマガン » スポーツ選手とレーシック手術のこと
度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » アマガンからのお知らせ

スポーツ選手とレーシック手術のこと

2015年5月3日 – 8:25 AM

スポーツ選手にとって、

レーシック手術はスポーツ競技の向上に繫がるのだろうか?

名称未設定 1

レーシック手術を受けたスポーツ選手の方々です。プロゴルファーではタイガーウッズさん、尾崎健夫さん、中島常幸さん、東尾理子さん等、プロ野球選手では井端弘和さん、松坂大輔さん、松井稼頭央さん、一場靖弘さん、藪恵壹さん、土橋勝征さん等、は有名です。そほか本田圭佑さん、杉山愛さん、井上康生さんもレーシック経験者です。ただし、昨今レーシック手術の問題が各社マスコミで取り上げられることが多くなっていることも現実です。

週刊文春(2009年10月1日号)週刊文春8月6日号「レーシック手術」が危ない」では、レーシック手術の後遺症に悩む患者の取材から、この新しい医療の負の側面が明らかになった。そして、今回新たに見えてきた国内最大大手のレーシック業者の実態とは・・・。続きはこちらへ

最新のレーシック手術のマスコミ報道の1つに・・・

参考までに、強度近視の方にとっての最適なメガネフレーム「ウスカル」のご紹介・・・こちらへ