スポーツメガネ度付きショップ|兵庫県メガネのアマガン » サッカーどきに適した大人のメガネ SW:SVS500N
度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » サッカー

サッカーどきに適した大人のメガネ SW:SVS500N

2015年1月6日 – 10:25 AM

シニア年代の大会でのメガネ使用について

(財団法人日本サッカー協会)

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素より本協会の事業に対して格別のご理解、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、表記の件につきましてご案内を申し上げます。 本年度の日本サッカー協会直轄主催のシニア大会におきまして、サッカー競技を行うためにメガネ(ごく普通の眼鏡)の着用を認めて欲しいという意見がございました。日本サッカー協会直轄大会、ねんりんスポレクなどで運用が異なっているという指摘でございました。このような意見が出されました経緯を鑑みて、シニア年代の大会でのメガネ使用についての考え方を周知させていただきたく次第です。

{日本サッカー協会競技規則}抜粋 代4条競技者の用具

試合中、競技者はメガネをかけてよいのか。

プラスチックあるいは類似の素材でできた最近のスポーツメガネは、一般的に危険であることは考えられない。このような状況から審判はそのようなメガネを認めることが望ましい。以上の競技規則に則り、大会の運用上としては次の通りとしたいと思います。メガネが破損した場合は本人のみならず相手選手を傷つける可能性がある。また、ピッチ内に破損した破片が残り、二次的に競技者が負傷する恐れがあると考えられる。以上により、「プラスチックあるいは類似の素材でできた最近のスポーツメガネ以外」は使用禁止とする。今後シニア年代での大会を主管されるサッカー協会におきましては、本件をご理解頂いた上で大会運営を行って頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

サッカーメガネ

SW:SVS500N

フレームカラー:ブラック レンズカラー:クリア

サイズ: 横幅135mm / 高さ44mm / 重さ46g

フレーム素材: ナイロン+エラストマー  6カーヴ  ケース付属  日本製

度付対応:製作範囲PD:60~76mm(56□21)

<特 徴>

サッカーメガネ 大人用

度なしレンズの場合: サッカーメガネ 禁止 極めて強い耐衝撃性を持つポリカーボネートを素材とした安全性に優れるレンズでスポーツや産業安全の分野でも活躍しています。(標準装着) 但し、度付レンズに入れ替えをする場合もポリカーボネートレンズをおすすめいたします。 最近のスポーツメガネは、一般的に危険であるとは考えられない。このよな見解が日本サッカー協会から発せられたことは、各メーカーの開発努力によるものです。

フィット感: サッカーメガネ  程よい柔らかさのシリコン素材でフレームが直接頭部に当たることを防ぎます。 外と内とで厚みが異なり、反転させることで各ユーザーに合ったフィッティングを実現します。 最近のスポーツメガネは、一般的に危険であるとは考えられない。このよな見解が日本サッカー協会から発せられたことは、各メーカーの開発努力によるものです。

安全性: スポーツメガネ サッカー大人耐衝撃性に優れるエラストマー素材のパッドが、鼻部から額部までしっかりと覆います。 パッドに施された溝は衝撃の分散と高いフィッティングと効果を実現します。 最近のスポーツメガネは、一般的に危険であるとは考えられない。このよな見解が日本サッカー協会から発せられたことは、各メーカーの開発努力によるものです。

装用感: スポーツメガネサッカー大人 ベルトの長さ調整はベルクロ式でお子様でも簡単に行えます。 バックル等の硬質なパーツを使用していないため、安全性にも優れます。最近のスポーツメガネは、一般的に危険であるとは考えられない。このよな見解が日本サッカー協会から発せられたことは、各メーカーの開発努力によるものです。

安心: サッカーメガネ 大人 しっかりと頭にグリップしずれ落ちを抑制します。世界に誇る日本品質「スワンズ」。 先人の技と心、それが、1911年の創業以来、受け継いできた知恵と開発力は、歴史とともに進化を重ねてきました。 最近のスポーツメガネは、一般的に危険であるとは考えられない。このよな見解が日本サッカー協会から発せられたことは、各メーカーの開発努力によるものです。

<その他のカラー>

サッカーメガネSW:SVS500N フレームカラー:クリア レンズカラー:クリア

サッカーメガネ 大人 SW:SVS500N フレームカラー:クリアブルー レンズカラー:クリア

サッカーと視機能: サッカーメガネ シニアサッカーは、あらゆる項目において、高度な能力を必要とするスポーツです。必要レベルを5段階で表示すると ①.静止視力=3 ②.動体視力=4 ③.眼球運動=5 ④.焦点調節/輻輳・開散=3 ⑤.深視力=5 ⑥.瞬間視=5 ⑦.眼と手・足の協調性=5 ⑧.周辺視力=5 ⑨.視覚化能力=5 ⑩.視覚集中力=5 であります。「静止視力」の重要度がやや低いのは、ボールが大きいためです。「動体視力」は、ゴールキーピング、クリアなどに必要です。「眼球運動」の重要度の高さは、非常に広い範囲でボールが移動し続けるためです。また、ボールと敵、味方のポジションを常に見ておかなければならないので、「周辺視野」「瞬間視」などのの高い能力も要求されます。「眼と手・足の協調性」は、ゴールキーパと他のプレーヤーに不可欠です。「視覚化」はキックのイメージングに、「視覚集中力」はキックの正確性に欠かせません。

■サッカーにおいて目の役割が大切なシーンをご紹介いたします。

□センタリングを正確にする瞬間視:

タッチラインぞいにドリブルで攻めこみ、一瞬中を見て、ゴール前にボールを上げるセンタリング。ファーポスト、ニアポスト、あるいはセンターなど、落とした所をどこにするか、高いボールにするかライナー性の低いボールにするかなど、その判断は、一瞬中wwっを見たときに、味方と敵の位置で決めます。したがって、瞬間視の能力が高いほど、得点につながる効果的なセンタリングをすることができるのです。 □瞬間的なプレーに欠かせない眼と手・足の協調性: フォワードは、シュートコースがあいたと見るや、すばやい足の降りでシュートを放ちます。バックスはキッカーのフォームからシュートコースを予測し、瞬間的に足を上げてシュート・ブロックを行います。オフェンスのスキをねらい、タックルにいくこともあるでしょう。そしてゴールキーパーはシュートを眼で確認し、手足で反応してゴールを守ります。これはすべて、眼と足の協調性の能力の高さにより、その成否が決まります。 □絶妙なスルーパスに必要な深視力: 敵の最終ラインの裏に通す、オフサイドぎりぎりのスルーパスは、決定的な得点チャンスを得るための、最高の技術のひとつです。このパスを成功させるためには、ワン・ポイントにパスを通す、正確な技術が必要です。タイミングはもちろんのこと、距離感と方向性がわずかでもちがえば、バックスの網にかかったり、キーパーにとられたりします。距離感と方向性には、深視力が大きくかかわっています。

□タフな眼球運動が求められるキーパー :

90分間22の眼球は、一瞬たりともボールから目線を離すことなく、動き続けなければなりません。さもないと、1004年ワールドカップ地区予選ボーハの悲劇が待ち受けているのです。中でもゴールキーパーはゴールを死守するために、ボールを眼で追い、敵味方全員の動きを常にチェックし、適切なポジショニングを行います。そして、シュートが放たれれば、コースを予測し正確にセービング。キーパーにはタフな眼球運動が求められます。 □壁パス成功のヒケツは周辺視力の利用 : 壁パスはサッカーのコンビネーション・パスの基本で、この技術をみがくと攻撃力が倍増します。成功のポイントは、ディフェンスに、「さあ、これから壁パスを始めるぞ!」という意図を悟られないこと。そのためには、最初のパスも壁となる人のパスも、パスする方向を見ないようにすることが大切です。視線を向けずに、味方が受けやすい位置を確認してすばやくパスを出すには、周辺視力の能力を十分に高める必要があるでしょう。

■サッカーと目 :

「アイ・コンタクト」で意志を通わせる ワールドカップやJリーグなどのトップクラスのゲームでも、ときどきこんなシーンを見かけます。フリーでいるプレーヤーにパスが来ない、パスをしたのによそ見をしていてトラッピングをミスする。こんなチグハグな攻撃ミスが生まれるのは、意志の疎通がないからです。チームメイトがゲーム中に意志を通わせるには、まず声がありますが、サッカーのグラウンドは広いので、なかなか声が届かず、届いても敵に攻略パターンを知られてしまうおそれがあります。そこで有力なコミュニケーションの方法として、眼が使われるわけです。パスやセンターリングをする前に、レシーバーと目と目を合わせ、「出すぞ!」「いいよ!」という会話をします。これにより、コンビネーションの基礎がガッチリとできあがります。眼は口ほどにものをいうのです。