度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » スポーツ用グラスと視力と視機能について

スポーツ競技の向上に目のトレーニングは重要

2018年8月19日 – 9:49 AM

スポーツ競技がもっと上手になりたいをテーマに

スポーツには、同じように朝から晩まで熱心に練習することの「体筋力」(フィジカル)に励みながらも上手くなる方、なかなか上手くなれない方がいらっしゃいます。その中で、なかなか上手くなれない方に想われるのが続いて集中力などの「精神力」(メンタル)と、言われることも多くあると思います。もし、この両方が兼ね備わってる人がいたとすれば・・・、次に考えることは何だろう?うまく説明ができない運動競技力の要素として、「眼力」が考えられるのではないでしょうか?

スポーツ競技に役立つスポーツサングラス今、ご自身が持っているスポーツ競技力を100とすれば、眼力を体筋力と精神力と共にトレーニングすることで、120にすることが可能になるのではないでしょうか。スポーツにおけるパワーや持久力、あるいは集中力といった体の内側のトレーニングと、動くものを視野の周辺で感知し、的確に追いかけ、瞬間に知覚することで、迅速に、同時に、正確に動くことができることで、高いパフォーマンスにつながるのではないでしょうか。と考えています。一般的に思われているのは、視力が良ければ「全て良し」かと思いますが、スポーツには静止視力が1.2あったとしても「すばやいピント合わせ」「広い視野」「眼球運動」「遠近感」が的確に働くことも大事な筈です。これらの機能は、視力が良いだけでは優れた知覚にはなりません。

スポーツの祭典2020東京オリンピック<産経新聞 平成30年8月18日 土曜日 掲載>

五輪へ目力アップ

スポーツ選手の成績アップ向け、体力強化や技術練習だけでなく、目のトレーニングで視覚を鍛える動きが進んでいる。試合の結果に重要な役割を果たすのが、動体視力や視野の広さといった「見る力」。2020年東京五輪に向けても、アスリートの目に対する意識は高まっていきそうだ。(丸山和郎)

7月、スポーツ・健康産業の展示会が東京都内で開催され、視覚機能を伸ばす「ビジョントレーニング」のブースが、訓練用の眼鏡を製造する「ビジョナップ」(本社・京都市)中心にして初めて設けられた。専門の眼鏡=写真(下記掲載)=はレンズ部分の液晶が点滅する仕組み。点滅の速度を調整することで負荷を大きくすることもできる。同社の田村哲也社長は「視覚が遮られること、人間は物体をさらに凝視しようとするので眼筋が鍛えられる」と話す。眼鏡をかけた状態でお手玉やボールのpス練習を行った結果、動体視力の測定値がアップすることが確認された。

ビジョントレーニングの必要性は欧米では約40年前から提唱され、国家試験を持つ専門家もいるほど。日本ではまだまだ認識が低いが、視覚情報はプレーの瞬時の判断にも直結する。

同社の眼鏡はプロ野球選手やサッカーのゴールキーパーらに利用者が多かったが、最近はテコンドーやアイスホッケーなど東京五輪でメダル獲得を目指す各競技団体の日本チームからの問い合わせも増えた。

サッカーのワールドカップ(W杯)で主審を務めた経験がある西村雄一審判もこの眼鏡を使ってトレーニングを進めているという。「球技や格闘技など、あらゆるスポーツ動体視力は重要。東京五輪に向けても認識が広がっていけばうれしい」と田村社長。今後、目力が選手の成績に及ぼす研究が進めば、こうした動きはさらに加速していきそうだ。

下記トレーニングメガネに巡り会ったのでご紹介させていただきます。

スポーツトレーニングメガネ

 

 スポーツサングラストレーニング

ストロボ・グラス、シャッター・ゴーグルとも呼ばれ視覚を断続的に遮断することで”見るチカラ”を鍛える世界初の目のトレーニング機器です。主に動体視力、眼球運動、瞬間視、周辺視などスポーツビジョンを鍛え、向上、回復、維持します。
遅い点滅では、動くものをコマ送りのように見せ、見え難さで眼筋や脳の働きを向上し、速い点滅では、止まっているかのように見せ、予測能力やスキルを向上します。1回10~15分、2日に1回、ウォーミングアップや基礎練習で装着するだけ、別メニュー不要で効果を発揮!

大人用/子ども用はブラック・レッド・ブルーの3色です。どれも機能は一緒なので、お好みのカラーを選んでいただければと思います。

動体視力向上メガネ

左のこめかみ部にある操作ボタンにて遮蔽の明るさや点滅の回数(Hz)などを調整しできます。

・レンズ部分に高速点滅する特殊なフィルム液晶を搭載

・1Hz〜150Hz(1秒間に1回〜150回点滅)10段階で調整可

・「ワレない、曲がる、軽い」レンズで安全、安心、快適

・家庭電源からの充電式、フル充電で20時間超の連続運転

・ハードケース、ACアダプターなど付属品付き

動体視力向上によりボールの縫い目がハッキリ

トレーニング用の赤と白のゴムボールが付属しております。硬式球とくらべて一回り小さいです。C球よりも小さいです。

<大人用 その一例>

大人用トレーニングメガネ

VA11-AF-FR カラー:ルビーレッド

動体視力など“見るチカラ”を向上するフィルムLCD液晶点滅式の世界で唯一の目のトレーニング機器です。

・視野を断続的に遮断して見え難くすることで、脳を活性化し眼筋を鍛えます。

・別メニューは不要、普段の練習中に装着するだけでOKです。自宅で一人でも使えます。

・3ヶ月で“見るチカラ”とパフォーマンスを向上し、持続効果を生みます。

国内のプロ野球球団、サッカーJリーグのクラブ、プロテニス選手、欧米のトップチームなどへの納入実績も豊富です。点滅の速さにより、多様なトレーニングが可能です。

・1回~5回/秒の点滅は、集中力を高めるトレーニング

・10回~50回/秒の点滅は、脳を活性化し、眼筋を鍛えるトレーニング

・50回~150回/秒の点滅は、ストロボ効果で予測能力を上げるトレーニング

1日15分、週に3回、いつものウォームアップや基礎練習で使うだけ!誰でも、どこでも、簡単にお使いいただけます。光体は使わず、視野を遮断するだけなので、基本的に目や健康に害を与えることはありません。注)光感受性発作の方はご注意ください。

<子ども用 その一例>

子ども用トレーニングメガネ

VJ11-AF-JB カラー: ジュニア・ブルー

動体視力など“見るチカラ”を向上するフィルムLCD液晶点滅式の世界で唯一の目のトレーニング機器です。

・視野を断続的に遮断して見え難くすることで、脳を活性化し眼筋を鍛えます。

・別メニューは不要、普段の練習中に装着するだけでOKです。自宅で一人でも使えます。

・3ヶ月で“見るチカラ”とパフォーマンスを向上し、持続効果を生みます。

国内のプロ野球球団、サッカーJリーグのクラブ、プロテニス選手、欧米のトップチームなどへの納入実績も豊富です。

点滅の速さにより、多様なトレーニングが可能です。

・1回~5回/秒の点滅は、集中力を高めるトレーニング

・10回~50回/秒の点滅は、脳を活性化し、眼筋を鍛えるトレーニング

・50回~150回/秒の点滅は、ストロボ効果で予測能力を上げるトレーニング

1日15分、週に3回、いつものウォームアップや基礎練習で使うだけ!誰でも、どこでも、簡単にお使いいただけます。光体は使わず、視野の遮断だけなので、基本的に目や健康に害を与えることはありません。注)光感受性発作の方はご注意ください。