度付きスポーツグラスと目の保護グラス

学校やクラブチームのスポーツによる眼損傷の予防として、保護用ゴーグルや度入りグラスをご提案いたします。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までのサッカーや、野球などのスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)によって、メガネのフレームやレンズ、サングラス度付きの選び方が変わってきます。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

競技別、用途別など、さまざまなニーズにおこたえできるような品ぞろえにつとめています。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適なメガネ、サングラス、ゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » スポーツ用グラスと視力と視機能について

スポーツと眼に関して Ⅷ スポーツと視野②

2017年9月9日 – 10:40 AM

目線とは全く違う方向に素早いパスを出すバスケットボール選手のプレーには、よくあそこまで見えているものと、ただただ感心するばかりである。「あの選手は周囲がよく見えている」とか「あいつは後ろに目がついているようだ」という表現は、すぐれた選手は視野が広いことを経験的にいったものである。

スポーツメガネバスケットボールある文献(スポーツと眼P48)に、実際にスポーツ選手は視野が広いかを大学スポーツ選手82名(男子53名、女子29名)と非スポーツ選手50名(男子25名、女子25名)の水平視野と垂直視野で比較している。これによれば、スポーツ選手の視野は非スポーツ選手より広く、水平方向で約185°、垂直方向で122°であり、非スポーツ選手との差はそれぞれ、17°、11°あったという。これらの研究で測られている視野は一般に生理的視野と呼ばれるものである。この広さを決めるものは、視標の明るさとか大きさなどの物理的要因の他に、眼窩の形状などの形態も関係している。男性のほうが女性より情報視野が狭いというのも、男性の眉骨の隆起が女性よりやや大きいということに関係している。この生理的視野の広さは、絶対的視野ともいわれるもので、いわば静的視野である。視野の広さは心理的な要因によってつねにダイナミックに変動しているので、生理的視野よりも心理的視野とか動的視野と呼ばれる視野のほうがスポーツでは意味をもっている。スポーツでは視野に入るものはボールや選手、あるいは、用具、施設というようにあらかじめあるかがわかっている場合が多く、しかも範囲はほぼ視野全体広がっているので、一般の視野の役割とは違っているかもしれない。

このような事から、スポーツ競技によっては「視野」が大切であることが理解して頂けるが、決して「眼」が良好な方だけがスポーツをされるのではなく、現在、普段に眼鏡を掛けている方にとっては、その競技に適したスポーツグラス度付き対応フレームに、適正なレンズを入れることによってスポーツメガネとしての効果を試して頂かなければならないのです。

<その他、競技に合ったスポーツグラス度付き>

兵庫県の西は神戸市、西宮市、芦屋市と東は大阪市、北は川西市、宝塚市、伊丹市の間における阪神間の中心地尼崎市において、競技に適したスポーツメガネ度付き専門店として60年間営業しているメガネのアマガン。

スポーツメガネ度入り競技に合った度付きスポーツメガネ、度付きスポーツグラス、度入りスポーツサングラス等(左のアンダーライン部分をクリックしてください。)メガネのアマガン センター店にて製作された度付きスポーツメガネ、スポーツグラス、スポーツサングラス方々の感想や、新しい商品の情報をいち早くご紹介しています。

スポーツ競技の向上に必要と思われる視野

[周辺視野を遮蔽する]

スポーツメガネ指で輪をつくって眼にあて、それを通して見ると、見ているものまでの距離は遠くに感じられる。視野は距離の見積もりにも関係しているわけである。スミス(研究者)らは、視野制限をしない場合と、三種類の視野に制限した条件を設定して、距離の知覚にどのように影響するかを、3~8mという距離から的にソフトボールを投げるという方法で調べている。その結果は、視野を制限すると、制限しない場合よりボール投げが困難になり、的までの距離を遠くに感じる影響が出るという。広い視野があってはじめて正確な距離感覚が可能であることがわかる。視野が制限されるとスポーツのパフォーマンスにはどのような影響が出るのであろうか。これを知るために、クレストフニコフらは、投てき競技、スキー、スケート、体操で、周辺視野を遮断して周辺からの視覚情報を利用できないようにしたときの影響を調べている。スポーツによってその影響はさまざまなようである。投てき競技では、方向の乱れと距離が短くなること、スキーでは、転倒、旗門普通過などが起き、スケートでは定められたフィギュアのトレースが困難になったという。また、体操ではひねり動作のときのタイミングの乱れなどがあったという。筆者も制限メガネをかけ周辺視を制限したとき、野球の遠投とバスケットボールのフリースローにどのような影響が出るかを調べてみた。

スポーツグラス度付き左図は、大学野球選手14名が、ホームベースに対して85mの位置から5mステップして、本塁にバックホームを想定した遠投をしたときの、ホームベースからの反れ(角度)と、ベースの手前どれぐらいに落下したかの結果である。本塁上に旗を立て、方向の目安にしてある。視野を遮断しない場合が反れが最も少なく、ほぼ2°いないで投げることができた。完全に視覚を遮断(閉眼)してしまうのが最もわるく、焼く°の反れである。周辺視野を遮断して見える範囲を90°、50°・・・・・と狭くすると、狭くなるにつれてしだいにボールの反れの度合が大きくなっていく。落下点は、視野のいかんにかかわらず、だいたいホームベース手前、6mぐらいに落下している。つまり、野球の遠投では周辺視野を遮断すると、それに応じて方向性のコントロールが低下するが、距離のコントロールには影響しないという結果である。同じように、バスケットボールのフリースローの成功率も周辺視野が遮蔽されるほど低下している。通常、水平視野は180°ぐらいであるが、見える範囲を35°に制限しても、フリースローの位置からはリングはもちろんのこと、バックボードも完全に視野に入っている。しかし、成功率は低下する。周辺からの情報がカットされると、距離感覚やバランスに微妙に影響するのかもしれない。おそらく、視野はこれ以外にもさまざまな働きをしていると思われる。日ごろ、顧みられることの少ない視野であるが、視覚の裏方として重要な役割を担っているようである。