スポーツメガネ度付きショップ|兵庫県メガネのアマガン » 前傾姿勢乗車のオートバイメガネ&バイク度付きサングラス
度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » モータースポーツ

前傾姿勢乗車のオートバイメガネ&バイク度付きサングラス

2017年7月11日 – 3:50 PM

眼鏡や度付きサングラスを掛けて、前かがみでオートバイを運転される方にとって、知って頂きたいことに、見え方の「ズレ」「眼精疲労」などがあります。これは、度入りのレンズの光学的問題による現象にあります。通常、眼鏡レンズの中心を眼の瞳孔位置に合わせて加工していますので、バイクに乗って前かがみの運転をされる場合には、眼鏡レンズの中心部の上方に視線が通ることによって、プリズム作用が働いてしまい、見る物体の位置がズレて見えるために遠近感の感覚が違ってくる場合があります。また、長時間の運転では眼精疲労の原因になります。それ以外には、前方の視野が狭くなるといった危険も生じます。このような方にお薦めのMPパッドのご紹介です。オートバイメガネ

オートバイメガネ&バイク度付きサングラス

前かがみ運転どきのMPパッド

<その一例>バイク用度付きサングラス和真メガネが開発したMPパッド(全視界メガネ)を「ふだんメガネフレーム」に取り付けることで、バイクで前屈みの走行中に便利です。一度是非お試し下しませ。

■ワンタッチでメガネフレームが6ミリ上がるMPパッドをご提案

<その一例>

バイクメガネ このパッドは上下6mm~8mmメガネ本体が可動します。自転車(ロードバイク等)以外のときは一般の位置でセットして装用いただき、自転車(ロードバイク等)に乗る時にはメガネフレームのブリッジ部を指で軽く押しあげます。すると、メガネフレーム本体が上部に6mm~8mm上がった位置で止まります。(マグネット式) つまり、自転車(ロードバイク等)を乗る時の上目遣いの状態で、レンズの中心部に視線が入るためフレームの上部も気にならず走行することができます。

■風の巻き込み、花粉対策にサイドカバーをご提案

オートバイ風の巻き込み

上記透明のサイドカバーをメガネフレームに取り付けることで、自転車走行どきの風、砂埃、花粉等をカットできます。(取り外しは簡単に可能)

取り付け方法・・・・・・・

バイク風の巻き込み オートバイ花粉症対策

 

①.片方づつセット          ②.フレーム内側から取付け

バイク花粉症対策  オートバイ風の巻き込み対策

③.下部を取り付け          ④.上部を取り付け

バイク風の巻き込み対策 ⑤.取り付け完了

続いて左部を取り付ける。

左右取り付けることにより、バイクどきに花粉症から眼を守ります。

オートバイ風の巻き込み

オートバイ花粉症対策