度付きスポーツグラスと目の保護グラス

学校やクラブチームのスポーツによる眼損傷の予防として、保護用ゴーグルや度入りグラスをご提案いたします。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までのサッカーや、野球などのスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)によって、メガネのフレームやレンズ、サングラス度付きの選び方が変わってきます。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

競技別、用途別など、さまざまなニーズにおこたえできるような品ぞろえにつとめています。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適なメガネ、サングラス、ゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » 注目商品

●偏光レンズはサングラスの理想 TALEX 度付き可能

2017年7月12日 – 8:03 AM

メガネのアマガンは、

サングラスの理想を偏光レンズと考えます

度付き対応可能偏光レンズ

本当の偏光レンズをご紹介

体験してください!

TALEX タレックスレンズの偏光度のちがい。

びっくりするほど、目に優しい!

からだのために「水」や「空気」にこだわるひとへ。

ぜひ「光」にもこだわってください。

かけかえのない目のために、きれいな「光」しか見せない。

そんなライフスタイルを「ザ・レンズTALEX」ではじめませんか。

度入り偏光レンズ選びは、アウトドアの環境によって適したカラー選びをすることが大切

ダッシュボードのイヤなテカリやフロントガラス内側の映り込みも消え、視界がクリアになり快適なドライブが楽しめます。

度つき偏光レンズ選びは、アウトドアの環境によって適したカラー選びをすることが大切

葉の一枚一枚のテカリがカットされ、目に映る緑がここちよくなる。文字通り目が自然に癒されていく、そんな感じです。

偏光レンズ度つき選びは、アウトドアの環境によって適したカラー選びをすることが大切

思った以上に目の負担になる路面の照り返しが消え、白線もくっきり見え、安全にドライブできます。

偏光レンズ度入り選びは、アウトドアの環境によって適したカラー選びをすることが大切

芝生からの強い日差しの照り返しが消えるので、100ヤード以内の距離感がつかみやすくなります。

上記の写真4枚の見え方は、「ザ・レンズTALEX」”トゥルビューで見た見え方です。

びっくりするほど、目に優しい。

・・・だから、眺めるのが楽しくなってきます。

目を疲れさせる光が目に優しい光に変わると、

空、緑、水辺、街角・・・いままで見ていた光景が

こんなにも美しかったのかときっと興奮されます。

いわば「目のための空気洗浄機」のようなレンズです。

目が洗われるようだ、と多くの方が感激されます。

偏光レンズ度付き選びは、アウトドアの環境によって適したカラー選びをすることが大切

度付き偏光レンズ選びは、アウトドアの環境によって適したカラー選びをすることが大切

「ザ・レンズTALEX」の構造

「ザ・レンズTALEX」は、2枚のレンズにサンドイッチされた独自開発の0.03mmの偏光フィルターで”雑光”をカットし、目にここちよい光にかえます。このレンズは60%以上がハンドメイド(手づくり)で、全行程に6,000以上のノウハウが凝縮されています。

この繊細さはハンドメイドでしか表現できません。

びっくりするほど、目に優しいレンズには、高性能な偏光フィルターは欠かせません。眼に有害な”雑光”と紫外線をしっかりカットし、すぐれた解像力を手に入るには、長年積み重ねた繊細な技術と経験が必要です。偏光フィルターの製造から最終仕上げまで、自社工場で一貫生産しているからこそ実現した高性能フィルターです。

タレックス偏光レンズの種類

偏光サングラス選びは、釣りの環境によって適したカラー選びをすることが大切 1996年開発されたGLASS(ガラス製)偏光レンズ。高次元での偏光・光学性能を実現するために、高性能フィルターと特殊ガラスレンズを使用。幕末から続くガラスレンズ発祥の地(田島町)で培われた光学レンズ製造技術により全面均整でクリアな視界。ガラスレンズ特有の重量感による、しっかりした掛け心地に加えて、傷(キズ)に強く、優れた解像力が特徴です。

偏光サングラスのカラー選びは、フィッシングの環境によって適したカラー選びをすることが大切 1975年に開発された、世界初の全面均整PLASTIC(プラスチック製)偏光レンズ。高性能フィルターを仕様し、TALEX独自のモノマー注型製法で他にに類を見ない、優れた偏光・光学性能を実現。プラスチックレンズ特有の「揺れ」「ひずみ」をなくし、スッキリしたクリアな見え方と軽さが特徴です。

偏光サングラスは、あらゆる虹鱒釣りのサングラスとして最適なサングラスです。 2000年に開発がスタートされ、世界初となる優れた耐衝撃性能を実現したひずみのない新素材偏光レンズ。比重1.15という軽さに加え、世界一過酷なアメリカ政府検査規格(ANSI Z87.1)をクリアした新世代偏光レンズ。2005年グッドデザイン賞受賞。過去の技術では、耐衝撃性もレンズに加えると「ひずみ」や「フィルター性能の低下」が起きていましたが、新素材CACCHUはこれらすべての問題を解決しました。従来のTALEXの性能はそのままに、類まれな”強さ”と”軽さ”が特徴です。

ほんとうのサングラスを、

かけたことがありますか?

光学性能について

「びっくりするほど目にやさしい」“ザ・レンズTALEX”だから光学性能にこだわります。
良質な偏光レンズは光学性能に優れ、ひずみや揺れ(ユレ)が生じません。

光学性能その1

レンズ素材のひずみ、とは?

「長時間、サングラスをかけていると頭痛がする、めまいがする」などの声をよく耳にします。
この主な原因はレンズのひずみにあります。
ザ・レンズTALEXと他社レンズをひずみ計で比較してみると違いは一目瞭然。
他社レンズが特にレンズの外側に行くに従ってひずみが多く確認されるのに対して、
ザ・レンズTALEXにはひずみが確認されません。

 

釣りに適したサングラスの理想は偏光レンズです。

           ①             ②

①.ポリカーボネイト製のひずみのあるレンズ

ポリカーボ成型を射出成型で溶融積層したレンズ(レンズ全体にひずみ)

②.「ザ・レンズTALEX」PPL75

モノマー(液体)注型(キャスト)したレンズ(レンズ全体にひずみがありません)

光学性能その2

レンズカーブが全面均整になっているか?

全面均整でないと眼性疲労や頭痛の原因となります。

フィッシングどきのサングラスの理想は偏光サングラスです。

                    ①                     ②

①.ポリカーボネイト製(プレス加工レンズ)

プレス加工品のポリカーボネイト製偏光レンズは、画像もいっしょに揺れ(ユレ)て見えます。

②. 「ザ・レンズTALEX」(GPL66・PPL75・CACCHU)

「ザ・レンズTALEX」は全行程の60%以上が手づくり、画像に揺れ(ユレ)が生じません。

光学性能その3

度なしレンズの度数確認:

バス釣りの度付きサングラスの理想は度付き偏光サングラスです。

                  ①                       ②

①.ポリカーボネイト製(プレス加工レンズ)

プレス加工品のポリカーボネイト製偏光レンズは、画像もいっしょに揺れ(ユレ)て見えます。

②. 「ザ・レンズTALEX」(GPL66・PPL75・CACCHU)

「ザ・レンズTALEX」は全行程の60%以上が手づくり、画像に揺れ(ユレ)が生じません。

偏光性能について

「びっくりするほど目にやさしい」”ザ・レンズTALEX”だから偏光性能にこだわります。

偏光性能その1

偏光度(雑光カット率)の高さ:

偏光フィルターをミクロのブラインドカーテンと 磯釣りの度入りサングラスの理想は度付き偏光サングラスです。例えるならば、透明のブラインドカーテンでは
用を成さないでしょう。
偏光レンズでも同様にレンズの濃度が薄いと、
偏光度をキープすることが難しくなります。
しかし、「ザ・レンズTALEX」は偏光フィルターに
ヨード系を用いることにより、薄いレンズカラーでも
99%以上の偏光度を実現しました。

偏光性能その2

偏光フィルターの接着性能:

偏光レンズは、レンズの間に偏光フィルターが入っており、その密着性能も大切な要素です。
「ザ・レンズTALEX」では、40年以上の技術の蓄積と、
全行程の60%以上をハンドメイドで製作することにより、
偏光フィルターの接着技術では、世界でもトップクラスを誇ります。

ヘラ釣り時の度つきサングラスの理想は度付き偏光サングラスです。

偏光性能その3

赤ヌケ現象:

ヨード染色をしていないポリカーボネイト製偏光レンズの場合、
650nm以上の可視光線(赤色)を透過し、カットできません。
水面の波頭などで赤いチラつきが出たり消えたりし、眼性疲労やストレスの原因となります。

虹鱒釣りの度入りサングラスの理想は度つき偏光サングラスです。

           ポリカーボネイト製偏光レンズ

ヨード染色をしている、「ザ・レンズTALEX」の場合、可視光線(400~760mm)を99%以上カットし、自然な見え方で赤ヌケは全く発生しません。

トラウトフィッシングの度入りサングラスの理想は度入り偏光サングラスです。

            トゥールビュー

可視光線透過率について

可視光線透過率とは、“自然光”を通す割合です。
可視光線透過率が低くなるとレンズの色が濃くなり、強い陽射しをカットします。

ルアー釣りの度つきサングラスの理想は度入り偏光サングラスです。

QOV(クオリティーオブビジョン)

 見え方の質(QOV)とは、ただ単にピント合わせ能力(視力)を高めることだけではありません。
必要に応じて色のコントラストを高めたり、まぶしい光や紫外線をカットしたり、視野を広げたりと、
総合的な見え方(視覚)を整えることが大切です。
太陽の照り返しにより目がイライラする、人ごみや車の運転時の眼精疲労は、
見る環境により引き起こされています。
そういった環境に合わせて少しでも見え方の質を高めることが大切です。

その他

田島レンズについて

眼鏡レンズ発祥の地と云われている田島。その発端は天保2年(西暦1831年)当時の摂津国田島村の農家に生まれた石田太治郎氏の功績が大きいと云われています。田島村で生まれた石田太次郎氏は足が不自由で、田畑で働くことができなかったので、丹波の国で眼鏡製造の技術を学びました。石田太次郎氏はこの技術を村人に伝承し、眼鏡製造の技術は村の家庭産業にまで発達しました。かくて田島村は、純農村から脱皮し、眼鏡レンズの製造は農家の副業として脚光を浴びることとなったのです。当時は手作業でしたが、大正の初めには電力が引かれ、次第に専業者が増加したことで、生産高が激増しました。その結果、国内だけでなく、外国へも輸出する日本一の眼鏡レンズ生産地になったのです。

偏光度(雑光カット率について)

                  偏光度(雑光カット率)とは、“反射光”、“雑光”をカットする割合です。車のフロントガラスを見た場合、
偏光度が高くなるほどガラスの反射率が消え、ドライバーの顔がくっきり見えます。

ショアフィッシングのサングラス度付きの理想は偏光サングラス度付きです。

視覚バランスマークについて

「ザ・レンズTALEX」のカラーは、ナチュラル度、コントラスト度、ブライトネス度の視覚バランスを意識して染色されています。
QOV(Quality of Vision)=(見え方の質)を研究し、優しく見るために必要な機能を、視覚バランスマークで表しています。

アウトドアサングラスに最適なタレックス偏光レンズ

メガネと同じようにサングラスでも、大切なのは、レンズです。いま、かけがえのないあなたの目のために

できることがあります。それは”雑光”をカットし、澄み切った、ここちいい光景に変えること。

偏光レンズ選びは、アウトドアの環境によって適したカラー選びをすることが大切

ここちいい目をしながら、優しくくらしましょう!

掛けているときとかけていない時でこんなに差が出るなんて!

こんなに見え方が変わるものなのか?

あれっ?路面の照り返しが消えた!

これがドライブやゴルフでも目が楽だね。

どうして見え方が違うんだろう?

普段、私たちが見る光景のなかには、目を疲れさせる”雑光”がひそんでいます。あなたの目をひどく疲れさせるこの”雑光”をカットする「ザ・レンズTALEX」を体験してください。澄み切った、ここちいい光景が広がります。

2枚のレンズの間に、薄さわずか0.03mmのフィルターをサンドイッチ。「ひずみ」「揺れ」「赤ヌケ」を起こさず、目に優しい光だけをとおします。

世界一で唯一の偏光フィルターを是非お試しください。

<その他、競技に合ったスポーツグラス度付き>

兵庫県の西は神戸市、西宮市、芦屋市と東は大阪市、北は川西市、宝塚市、伊丹市の間における阪神間の中心地尼崎市において、競技に適したスポーツメガネ度付き専門店として60年間営業しているメガネのアマガン。
スポーツメガネ度付き

競技に合った度付きスポーツメガネ、度付きスポーツグラス、度入りスポーツサングラス等(左のアンダーライン部分をクリックしてください。)メガネのアマガン センター店にて製作された度付きスポーツメガネ、スポーツグラス、スポーツサングラス方々の感想や、新しい商品の情報をいち早くご紹介しています。