スポーツメガネ度付きショップ|兵庫県メガネのアマガン » バイク時メガネ&ふだんメガネのご提案 MS:川崎MP920 
度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » オートバイ

バイク時メガネ&ふだんメガネのご提案 MS:川崎MP920 

2014年9月21日 – 9:31 AM

オートバイ時に適したメガネのご紹介

バイクどきのメガネはヘルメットのことも考慮して掛けれるバイク用メガネのご紹介 驚くほど軽くてフィット性の高い眼鏡フレームなら、どんなに走っても動いても邪魔にならない。オートバイ時のメガネはヘルメットのことも考慮して掛けれるバイク用メガネのご紹介 また、オートバイ時のヘルメット(フルフェイス)を被って、メガネを掛けるときのコメカミとヘルメットの間にツル(テンプル)を挿入するときの煩わしさを少しでも解消できるフレームのご紹介です。ショッピングに出かける日は、フットワークも軽く動けるカジュアルファッションアイウエアデザインをプラスすれば、シンプルながら普段メガネとオートバイ時のメガネが兼用で装用いただけます。

■アンチテンションフレームシリーズ

バイクどきのメガネはヘルメットのことも考慮して掛けれるオートバイ用メガネのご紹介

MS:川崎和男 kazuo kawasaki MP920

フレームカラー:#19ブラック 渋いマットブラック

何故このフレームがフルフェイス(ヘルメット)どきの眼鏡に適しているのか?

素材はもちろん、1つのポイントは「耳に掛けるツル(テンプル)の厚みが薄く、コメカミとヘルメットの圧迫感及び掛ける時の掛けやすさが、今までのメガネフレームとは違っています。

kazuo kawasaki の代名詞と言えるアンチテンション機構を現代のテクノロジー、素材と融合。これまでに培ってきた技術を継承し、新たな時代を切り開く進化したアンチテンションフレームが出来ました。過去の多くのアンチテンションモデルも最高でしたが、この新作はその上を行きます。ぜひ手に入れてお確かめ下さい。

オートバイどきのメガネはヘルメットを考慮して掛けれる眼鏡が理想です。 バイクどきのメガネはヘルメットを考慮して掛けれる眼鏡が理想です。

このスマートなライン良いですね。でも使用素材により柔軟にフィットするのです。この素材とカーブにより、お顔の小さなかたにも大きな方にも気持ちよくフィットするのです。

普段メガネにオートバイ時のヘルメットを考慮した眼鏡フレームのご提案 *アンチテンション機構とは?

川崎和男氏が1992年に構想し、8年の歳月をかけ2000年にデビューさせた アンチテンションフレームに取り入れられたもの。その名の通り、レンズに圧力(テンション)をかけない。よって歪みを生じさせないと言う画期的な構造です。

普段メガネにバイク時のヘルメットを考慮した眼鏡フレームのご提案  *クリングス

kazuo kawasaki ならではのレンズの留め方。
ネジは使用しませんのでネジが緩んでレンズが動くこともなく、ネジの重さもありません。
透明パイプはランド・ホーでご購入の方には永久に部品代金無料でメンテナンスします。

普段メガネにスクーター時のヘルメットを考慮した眼鏡フレームのご提案  *デザイン(カム)について

革新的なカムテール理論から生まれたデザインです。カムとは、液体の中を進む最も効率の良い形とされる魚類の様な流線型の物体の場合、その後端を切り落としても抵抗は殆ど増加しないとされる、カム博士の理論に由来するものです。1970年代には、空力性能の良さを形でアピールするカムテールを取り入れたデザインの車が相次いで現れました。このフレームはカムテール理論からインスピレーションを受け、スーパーエンブラの特性を最大限に生かし、スポーティさと軽さを実現しました。そして何より大切な、装着時の一体感を追求し完成させたモデルでもあります。

普段メガネに単車時のヘルメットを考慮した眼鏡フレームのご提案 *素材について

ランド・ホーが随分前からお願いしていた素材です。この素材でフレームが出来れば最高だと思ってましたが、やっと念願かなって完成です。ポリフェニルサルフォン(PPSU)を使用の超軽量、超弾性フレームです。現存する樹脂系フレームの中では圧倒的な性能を誇るポリフェニルサルフォン(PPSU)を採用。

1.超軽量:

わずか7グラムのフレーム。一般のナイロンフレームでは実現不可能な超軽量でより薄いフレームを実現しました。

2.超弾性:

一般のナイロンフレームの約2倍。装着時の最適なフィッティングを実現しました。ここが一番大事なところです。

3.超耐熱性:

一般のナイロンフレームで -20度~60度ですがポリフェニルサルフォンですと -100度~   200度まで。優れた耐熱性を誇ります。紫外線にも強くナイロンフレームの5倍色落ちしにくく劣化しにくい安定した素材です。

4.驚きの復元力:

ひねっても、曲げても壊れにくい驚きの復元力です。曲げ強度は ナイロン(ポリアミド)750Kgポリフェニルサルフォン 930Kg。曲げ弾性率はナイロン(ポリアミド)1800×10Kgポリフェニルサルフォン 2500×10Kg

5.安心・安全、日本製の素材:

医療器具や哺乳瓶などに使われているアレルギーフリーで安全性の高い素材。また高度な加工技術が必要とされ、品質の安定確保のため日本で製造しています。

●デザイン/サイズについて

レンズシェイプは今回2種類ご用意しました。

 

普段メガネに原付時のヘルメットを考慮した眼鏡フレームのご提案  01シェイプモデル

レンズ横幅54ミリ レンズ縦幅31ミリ ブリッジ18ミリ テンプル145ミリ

普段メガネにオーツバイ時のヘルメットを考慮したメガネフレームのご提案   02シェイプモデル

レンズ横幅53ミリ レンズ縦幅29ミリ ブリッジ18ミリ テンプル145ミ

●フレームカラー(全6色)ブラック/グレー/ネイビー/ダークレッド/ホワイト/グレー&ターコイズ

普段メガネにバイク時のヘルメットを考慮したメガネフレームのご提案 #24グレー

この素材ならでは半透明の綺麗なグレーです。

普段メガネにスクーター時のヘルメットを考慮したメガネフレームのご提案 #35ネイビー

この色もそうですが屋内では濃紺ですが日にかざすと綺麗なネイビー色に。

普段メガネに単車時のヘルメットを考慮したメガネフレームのご提案 #47ダークレッド

マットなダークレッドカラーです。このレッドは性別問いません。

普段メガネに原付時のヘルメットを考慮したメガネフレームのご提案 #50ホワイト

人気のホワイトです。02シェイプのみご対応可能。

ふだんメガネにバイク時のヘルメットを考慮したメガネフレームのご提案 #74グレー&ターコイズ

センスの良い色の組み合わせです。02シェイプのみご対応可能。

オートバイどきの快適なメガネ選びをご提案いたします

MS:川崎和男kazuo kawasaki MP920A

フレームカラー:#23 ブラウン センスの良いブラウン

オートバイどきの快適なオートバイ用メガネ選びをご提案いたします #19 ブラック

マットブラックと言う感じです。

バイクどきの快適なオートバイ用メガネ選びをご提案いたします #37 ダークレッド

性別問わずご使用頂けるきれいな色です。

単車どきの快適なオートバイ用メガネ選びをご提案いたします #48 エバーグリーン

室内では黒っぽく、屋外へ出ると美しいグレーン色に。かなり良い色です。

単車どきの快適なオートバイメガネ選びをご提案いたします眼鏡専門店 #59 ブラック&パープル

2色使いでとても綺麗な色です。

原付どきの快適なオートバイメガネ選びをご提案いたします眼鏡専門店 #63 ブラウン&ピンク

やさしい色の組み合わせです。

スクーターどきの快適なオートバイメガネ選びをご提案いたします眼鏡専門店

MS:川崎和男kazuo kawasaki MP921

フレームカラー:#82 シルバー どう見てもメタルフレームにしか見えません。

バイクどきの快適なオートバイメガネ選びをご提案いたしますメガネ専門店 #69 ブラック&メタリックグレー

心をくすぐられる色です。

*ご来店の折りには、必ずヘルメットをご持参くださいませ。

■バイク&車と眼の関係

オートバイどきの快適なオートバイメガネ選びをご提案いたしますメガネ専門店 日常生活では決してありえない高速の世界で運転操作をしなければならないカーレースやバイクレースは、すぐれたスポーツビジョンを必要とします。時速100~300㎞で接する景色や目標物を正確に見きわめ、ブレーキングやハンドル操作をするためには、当然すぐれた「動体視力」を必要とします。また、障害物との距離感を正しく目測し、安全な走行を行うには、「深視力」が欠かせません。そして、スタート時や混戦時など、他のクルマやオートバイ、あるいはコーナー、その他の障害物などを瞬間的に見て判断しなければならないときは、「瞬間視」や「周辺視力」の高い能力が要求されるものと思われます。必要レベルを5段階で表示すると ①.静止視力=5 ②.動体視力=5 ③.眼球運動=5 ④.焦点調節/輻輳・開散=2 ⑤.深視力=5 ⑥.瞬間視=5 ⑦.眼と手・足の協調性=4 ⑧.周辺視力=5 ⑨.視覚化能力=5 ⑩.視覚集中力=5 であります。視機能のこと・・・・・

□プロドライバーは静止視力1.2以上が必要

近づいてくるものを見分けるKVA動体視力は、静止視力より30%~40%低下するといわれています。つまり、静止視力がよいほど、KVAはよいのです。プロドライバーは1.2以上の静止視力を、普通のドライバーでも0.7以上を必要とします。また、霧や雨の走行で視界が悪いときには、コントラスト感度が影響します。コントラスト感度のよさもまた静止視力のよさに関係するので、不十分なときはメガネやコンタクトレンズなどで矯正しなければなりません。

□安全なドライビングに欠かせない深視力

距離感、位置関係、立体感などを知るために必要な深視力は、安全なドライビングの基礎となります。この能力が低いと、事故発生率が高くなるという統計があるので、二種免許取得には、この検査が行われます。走行中、路上の障害物との距離感を目測したり、他のクルマやバイクとの距離や位置関係を把握したり、正確な車幅感覚で他のクルマやバイクと並走したりするときなどにも、深視力が働き、安全走行を可能にします。

□路面状況を的確にとらえます

ドライバーは、路面上の油漏れ、水たまり、小さなパーツなどの障害物などを、いちはやく発見しなければなりません。もし発見が遅れれば、ステアリング、アクセル、ブレーキ、ギアチェンジなどの操作を的確に行えず、タイムロスや事故につながります。高速走行中に細かな路面状況を見極め、小さな障害物を発見するには、動体視力が必要です。しかし、視覚集中力を欠くと、視認しても、必要な映像情報として自覚できません。

集中力には精神と視覚の両方がある。視覚集中力とは、見えていても見えていないことを失くす能力。たとえばアメリカの有名なプロのテニス・コーチ、ティモシィ・ゴールウェイは、正確なグランド・ストロークをするために、テニスボールの縫い目に焦点を合わせるか、集中するようにと指導しました。また、NFLクリーブランド・ブラウンズのコーチだったブラント・コリアは、クォーターバックにレシーバーの体全体ではなく、胸、片、顔、腰などに焦点を合わせるようにと指示しました。ニューヨーク・ジャイアンツの名クォーターバック、スコット・ブルナーもブラウンズの意見には賛成のようで、「目標を小さく決めると、ミスがへり、正確性があげられる」といっています。あるいは、NBAニューヨーク・ニックスで活躍したビル・ブラッドレーは、ニックスに入る前ブリストン大学で、21回連続フリースロー成功という大記録をつくりましたが、その秘訣は、フリースローのときリング全体を漠然と見るのではなく、ネットをリングに固定するためにリングのい下に取り付けられた小さなスチールの穴のひとつに集中することでした。これらの話に共通していることは、目標を漠然と見るのではなく、目標の中のより小さなポイントに焦点を合わせることです。それにより、視覚集中力が一段と高まり、動体視力、眼球運動、深視力などのスポーツビジョンが効果的に働き、ひてはすぐれたプレーやパフォーマンスが生み出されることがあるのです。

□抜くために抜かせないために必要な周辺視力

テール・ツー・ノーズでコーナーにさしかかり、インから一気に抜き去るときには、相手のクルマやバイクの速度やコーナリングのライン取りを、しっかり中心視野で見きわめなければなりません。しかし、それだけを見ていればよいというわけではありません。周辺視力でコーナーフェンスとの距離や周回遅れのクルマなどとの間隔なども見ておかないと、大変な事故につながるでしょう。

□走行ラインのイメージ化に役立つ視覚化

レースに臨む前にレーサーは、コースでの走行ラインを綿密にイメージします。そして、シューマッハなど一流レーサーの走りを見ればわかるように、すぐれたレーサーは、まるで1cmのちがいもないように、同じ走行ラインを走り抜けます。他車との関係やギアチェンジのわずかな遅れなどにより、イメージ通りの走行ができないこともありますが、理想的な走行ラインのイメージングは、理想的な走りにつながります。

□人によってコントラスト感度は

日本初の屋根つき球場、東京ドームができたころ、こんなことがよく起こりました。外野手が高くあがったフライをとるとき、ボールを見失ってしまうことがあったのです。白いボールと屋根の色が、とてもよく似ていたからだす。甲子園の高校野球でも、白いシャツの観客席を背景にしてライナーをとろうとするとき、同じことがときどき起こります。このように、わずかにちがう色や明るさを見分ける能力は、スポーツでは非常に大切で、その能力は、人によってかなり差があることは、あまり知られていません。つまり、コントラスト感度の優れたA選手は、感度の劣るB選手よりも、東京ドームや甲子園で、フライの捕球ミスをする可能性が低いということです。野球に限らず卓球やバドミントンなども、観客の白いシャツにボールやシャトルコックがmぎれることがあるので、コントラスト感度がプレーに影響し、勝敗を左右することもあり得ます。<スポーツのための目の科学的強化法より>

コントラスト感度は、どちらかといえば、静止視力がいいと、いいようです。静止視力1.5の人のコントラスト感度は、0.2の人より上です。したがって、静止視力が非常に低い人は、メガネやコンタクトレンズで視力を上げれば、コントラスト感度も上がります。また、静止視力は明るいほどよくなる。という性質も知っておくとよいでしょう。夜よりも昼間、曇りよりも晴れの日のほうが静止視力は上がり、コントラスト感度もよくなるのです。

動体視力や深視力など、スポーツビジョンの中には、トレーニングによって向上させることができる能力が少なくありませんが、コントラスト感度は、トレーニング効果が期待できません。

■カーレースと目

クルマは見た方向に動く

インディー500のドライバー桃田健史は、日本に初めてスポーツビジョンのコンセプトを紹介したドクター・フィリップ・B・スミスに、ビジョン・トレーニングの方法を伝授されました。そして、それを実行することにより、こんな感想をもらしています。「周りの動きが、以前よりゆっくりと感じられ、視野が広がり、ドライビングに余裕が生まれた」。その彼が、一般ドライバーに向けて、次のような注意を施しています。「車は運転者の見た方向に動く。進もうとする方を見て、車がその方向に動くことは当たり前。しかし、例えば子供の急な飛び出しの時、運転者の眼にはその子供しか映らない。そして、ブレーキをかけた車はその子供めがけて動いてしまう。よけることの出来る余地があったとしても、たいていの場合は、そこまでの余裕は生まれない。ただ単純に、眼をこらして運転することが、必ずしも安全運転につながるとは言いがたいのである。

用途に合った眼鏡&こだわりの眼鏡コーナー

強度近視の方の眼鏡情報発信基地・・・こちらへ

メガネ選びの情報発信基地・・・ こちらへ

医療用具としての子ども眼鏡情報発信基地・・・こちらへ

大きいメガネ情報発信基地・・・こちらへ

便利な跳ね上げメガネの情報発信基地・・・こちらへ

快適な跳ね上げ式サングラスの情報発信基地・・・こちらへ

長時間のパソコン作業の眼の対策情報発信基地・・・こちらへ

パソコンメガネの情報発信基地・・・こちらへ

おしゃれな子供メガネ情報発信基地・・・こちらへ

安全なこどもスポーツグラスの情報発信基地・・・こちらへ

遠近両用眼鏡、中近両用メガネの情報発信基地・・・こちらへ

全視界メガネ情報発信基地・・・こちらへ

古田メガネの情報発信基地・・・こちらへ

あらゆるスポーツメガネの情報発信基地・・・こちらへ

スポーツ時のゴーグル選びの情報発信基地・・・こちらへ

スポーツ時に適したレンズ選びの情報発信基地・・・こちらへ

スポーツに適したサングラス情報発信基地・・・こちらへ

度付きスポーツサングラス情報発信基地・・・こちらへ

ロービジョンの方の情報発信基地・・・こちらへ

こどもの弱視眼鏡の情報発信基地・・・こちらへ

用途に合った遮光用レンズ情報発信基地・・・こちらへ

メガネでおしゃれを楽しむ情報発信基地・・・こちらへ

眼鏡の用途選びでカラーを選ぶ情報発信基地・・・こちらへ

度付きサングラスの情報発信基地・・・こちらへ

偏光サングラス情報発信基地・・・こちらへ

おしゃれな花粉症メガネ&ゴーグルの情報発信基地・・・こちらへ

ドライアイ対策メガネ&ゴーグルの情報発信基地・・・こちらへ

色弱メガネレンズ情報発信基地・・・こちらへ

老眼鏡の選び方の情報発信基地・・・こちらへ

深視力に関する情報発信基地・・・こちらへ

ファッションの一部として伊達メガネの情報発信基地・・・こちらへ

メガネの元祖丸メガネ情報発信基地・・・こちらへ

メガネフレーム情報発信基地・・・こちらへ