スポーツメガネ度付きショップ|兵庫県メガネのアマガン » スポーツと視力 野球/バレーボール/アメリカンフットボール/格闘技/サーフィン/その他
度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » スポーツ用グラスと視力と視機能について

スポーツと視力 野球/バレーボール/アメリカンフットボール/格闘技/サーフィン/その他

2013年12月28日 – 5:46 PM

■眼の視機能項目

①.静止視力 ②.動体視力 ③.眼球運動 ④.焦点調節/輻輳・開散 ⑤.深視力 ⑥.瞬間視 ⑦.眼と手・足の協調性 ⑧.周辺視力 ⑨.視覚化能力 ⑩.視覚集中力 ⑪.コントラスト感度 ⑫.光感度等が視機能としてスポーツどきに重要である。また他のスポーツ競技にとっても各視機能の重要性はとても大事です。

視機能が未熟なことは、スポーツにおいてはボールや周囲に対する認識を遅れさせ、プレーに正確性を欠いたり、反応が鈍くなったりすることが考えられ、スポーツの競技結果は必ずしも運動能力だけが原因とはいえず、機能の未熟さもその一因であると思われる。スポーツビジョン研究会より公表されている。

ご存知でしたか? スポーツ競技の結果に

案外知られていない

スポーツと眼の機能の関係・・・

 

スポーツにはスポーツに適したメガネや度付きサングラス、度入りゴーグルがあります。

■スポーツ競技もいろいろですが、その競技と眼の「上記視機能項目」が総合的に高い競技の順位を挙げてみました。

1).卓球 2).テニス 3).バレーボール 4).スキー 5).バトミントン 6).各種ラケットボール 7).アメリカンフットボール 8).ラグビー 9).スケート 10).カーレース 11).バイク 12).サッカー 13).バスケットボール 14).アイスホッケー 15).サーフィン 16).ボディボート 17).スケートボード 18).体操 19).自転車 20).格闘技 22).ゴルフ 22).野球 23).ソフトボール 24).陸上競技 25).水泳 など。

上記のスポーツはとても眼の機能にとって、運動能力にも差が認められる競技と思われます。

例えば・・・・・

21).野球 22).ソフトボール:

野球どきに適したサングラス、メガネのご紹介専門店  野球、ソフトボールほどスポーツビジョンのすべての能力を必要とするスポーツはありません。高速で投げ出される小さなボールを正確に打ち、やはり高速で飛ぶ打球を確実にキャッチするには、「動体視力」「眼球運動」「焦点調節/輻輳・開散」など高い能力が求められるでしよう。また、バッティングや守備は、眼で見たボールに対して、腕でバットをふったり、フットワークで反応してグラブを出したりするわけですから、「目と手・足の協調性」が大きくかかわると思われます。そして内・外野手のスローイングは、距離感と方向性が重要になるので、「深視力」「周辺視力」の能力が欠かせません。視機能の必要レベルを5段階で表示すると ①.静止視力=3 ②.動体視力=1 ③.眼球運動=5 ④.焦点調節/輻輳・開散=3 ⑤.深視力=5 ⑥.瞬間視=1 ⑦.眼と手・足の協調性=5 ⑧.周辺視力=5 ⑨.視覚化能力=5 ⑩.視覚集中力=5 であります。

■野球/ソフトボールにおいて目の役割が大切なシーンをご紹介いたします。

□バッティングを向上させる動体視力:

打撃の神様と呼ばれた川上哲治は、全盛時「ボールが止まって見える」といいました。大リーグの通算打率.344、歴代8番目の記録を持つ好打者テッド・ウイィアムズは、ボールが投手の手を離れた瞬間から、その回転が見えるといい、ボールのどの部分を打ったかを、ほとんど正確にいい当てることができたそうです。「縫い目の上」「縫い目の6mm上」などと、これらの神業は、すべて驚異的な動体視力のなせるワザです。

□選球眼を養うには眼球運動をレベルアップさせる:

世界のホームランキング王貞治は、選球眼が打者の命と考え、ヒマを見つけては投球練習中のピッチャーに頼み、バッターボックスに立たせてもらい、ボールを目で追い続けたそうです。また、大リーグ随一の通算安打数4256本を誇るピート・ローズは、ボールを見送るときも、キャッチャーミットにボールがおさまるまで、ボールを見続けました。高速で動くボールを目で追う能力、つまり眼球運動は、打撃力と密接に関係しています。

□捕球・送球の能力を高める深視力:

打球の角度、速さ、方向、高さなどを瞬時に判断し、補給体勢に入るためには、深視力の能力が必要とされるでしょう。ライナー性の当たりに対しては、打球音を手掛かりに対応することもあるようですが、やはり深視力は守備の基礎的な映像情報を得るために欠かせないはずです。また、外野手や内野手が正確な送球を行うときも、距離感や方向感覚を働かせるために、深視力が威力を発揮するでしょう。

□打撃・盗塁、野手・捕手の判断を正確にする瞬間視:

三冠王三度獲得という大記録を打ち立てた落合博満は、投手がボールをリリースする瞬間のボールの握りを見きわめ、球種を判断しているそうです。また、大リーグの盗塁王リッキー・ヘンダーソンをも上回る1065個の世界記録を誇る福本豊は、投手のクセを研究し、塁上で瞬間的にそのクセを読み、盗塁を成功させていたとか、そして野手や捕手は、捕球後、送球場所を決めるときに、塁上の走者の位置や動きを瞬間的に見て判断します。

□投球や打撃のフォームは視覚化で完成度を高める:

「学ぶ」は「まねる」ということばから変化したものです。巨人の桑田投手や落合選手など、自分が理想とする投球フォームや打撃フォームを、頭のスクリーンに焼き付け、それを再現するようにして投球や打撃を行うとよいでしょう。そして、実際にボールやバットを持たないときでも、何回も何回も頭の中で理想的なフォームを視覚化します。できるだけ具体的にこと細かくイメージ化することが大切です。

■野球と目

「眼を切る」と球が速く見える

バッティングでボールから眼を離すことを、「眼を切る」といいます。眼を切りボールから眼を離れると、正確なインパクトが出来ません。動体視力、深視力、眼と手の協調性などのバッティングに関係するスポーツビジョンが、十分に働かなくなるからでしょう。また、眼が切れると、ボールのスピードが遠くに見えるものです。これは、スポーツビジョンが十分に働かなくなるため、スイングのタイミングがつかめなかったり、ミートポイントがわからなくなったりして、気持ちの余裕がなくなることに原因していると思われます。そして、眼がボールから離れ、中心視野でボールをとらえられず、周辺視野をかすめる状態になると、球速がより速く見えるということもあるようです。自転車で狭い道の塀ぎわを走ると、塀が周辺視野にとらえられ、実際のスピード以上に遠く感じられるのと同じです。

3).バレーボール:

めがねが必要な方がバレーボールをされる時のバレーボール用メガネのご提案 バレーボールはあらゆるスポーツビジョンを、フルに活用しなければならないボール・スポー^ツの1つでです。ボールが大きく、終始高速でボールが移動するわけではありませんが、スパイクレシーブのときは、「動体視力」と「眼と手・足の協調性」がものをいいます。また、ボールを保持することができないので、次々に場所を変えていくボールを眼で追い続けなければなりません。これは「眼球運動」の仕事となります。そして、移動するボールを確実に眼でとらえながら、敵の守備陣形を瞬間的に見て攻撃方法を瞬時に決め、また変更するためには、「瞬間視」が威力を発揮するでしょう。視機能の必要レベルを5段階で表示すると ①.静止視力=3 ②.動体視力=5 ③.眼球運動=5 ④.焦点調節/輻輳・開散=5 ⑤.深視力=5 ⑥.瞬間視=5 ⑦.眼と手・足の協調性=5 ⑧.周辺視力=5 ⑨.視覚化能力=5 ⑩.視覚集中力=5 であります。

■バレーボールにおいて目の役割が大切なシーンをご紹介いたします。

□スパイクレシーブを確実にする動体視力

バレーボールでのボールの移動は、サーブ、パス、トスなどについていえば、それほど遠くありませんが、スパイクは別で、男子のトップレベルでは、時速150㎞を超えます。そのスパイクを直接レシーブするには、野球の打者やサッカーのキーパーがそうであるように、すぐれた動体視力を必要とします。動体視力により正確にボールのコースをとらえ、すぐさま脳に司令を出し、レシーブの体勢に入らなければなりません。

□眼と手の協調性でボールを拾いまくる

ブロックのこぼれ球、ワイヤーボール、フェイント、レシーブミスをしたボールなど、バレーボールでは、予測しにくいボールに対して、瞬間的に手を出して反応しなければならない場面が数多くあります。このとき必要とされるスポーツビジョンは、いうまでもなく眼と手・足の協調性です。0.1秒の反応差で、失点したり得点したりすることがあるのです。

□フェイントを成功させるには正確な瞬間視が必要

相手のブロックが強力で、スパイクが決まらないと思ったとき、そして、相手のレシーブシフトの前方に穴があるとき、そんなときセッターは、ダイレクトスパイクを打ったり、フェイントを落としたりします。それらを成功させるには、もちろん巧みなフェイント動作が必要ですが、正確な瞬間視も欠かすことができません。ボール、ブロックの位置、シフトの穴などを瞬間的に把握し、賭けに出るかを判断します。

□強烈なスパイクを可能にする深視力

スパイクは、トスアップのよさにかかっています。ネットからの距離、トスの高さ、タイミングなどがピッタリ合ったとき、強烈なスパイクが生まれるのです。しかし、どんなに理想的なトスアップでも、スパイカー自身が接近してくるボールにうまくタイミングが合わせられなければ、スパイクは失敗します。ボールとの距離感を正確に把握する深視力がすぐれていないと、ジャストタイミングでアタックすることができないのです。

□セッターは視覚化能力を高めるとよい

ゲームのコントロールタワーであるセッターは、さまざまなイメージとアイディアにあふれていなければなりません。オープンスパイクで攻めるか、あるいはA,B,C,Dと各種あるクィックのうち、どれで攻めるか、はたまたバックアタックをねらわせるか、フェイントで意表をつくかなど。いづれの攻撃にしても、事前に頭の中にその攻撃のイメージを作り上げ、そのイメージ通りに攻撃を実現する能力が大切です。

■バレーボールと目

眼と手・足の協調性を逆手にとった森田の1人時間差

男子バレーボールの黄金時代を知っていますか。それは1972年、ミュンヘンオリンピックで金メダルを獲得したころです。このとき松平監督率いる日本チームは、実にさまざまな斬新な攻撃方法をあみだし、世界をアッといわせましたが、中でも外国の強豪を驚かせたのは、森田の1人時間差攻撃です。練習中にスパイクのタイミングをまちがえ、飛びそこねたところ、ブロックが先に飛んでしまい、その後ノーマークでスパイクが決められたことをヒントに考案されたそうですが、この奇策は、眼と手・足の協調性を逆手にとった攻撃といえるでしょう。トスが上がりスパイカーが沈みこんでジャンプの体勢に入るという映像情報により、ブロッカーは「飛べ」というシグナルを、足と手に与えるのです。この情報伝達回路があるかぎり、ブロッカーは見せかけの動作とわかっていても、必ならずもジャンプし、落下した瞬間に本当のスパイクを打たれてしまうのです。

 7).アメリカンフットボール 8).ラグビー 

 ける、投げる、とる、走る、かわすなどといった、ボール・ゲームのすべたの要素を含んだラグビー、アメリカンフットボールは、スポーツビジョンのあらゆる能力を駆使しなければならないスポーツです。正確なパス・レシーブには、すぐれた「動体視力」「眼球運動」「深視力」などを必要とします。敵をかわしてトライしたりタッチダウンするには、「瞬間視」で敵のポジションを瞬時にとらえ、「眼と足の協調性」で走る方向やステップを変えたりします。また、スクラムハーフやクォーターバックは、あらゆるパスを正確に出すために、「眼球運動」「周辺視力」「瞬間視」「眼と手の協調性」を高める必要があるでしょう。視機能の必要レベルを5段階で表示すると ①.静止視力=4 ②.動体視力=5 ③.眼球運動=5 ④.焦点調節/輻輳・開散=3 ⑤.深視力=5 ⑥.瞬間視=5 ⑦.眼と手・足の協調性=5 ⑧.周辺視力=5 ⑨.視覚化能力=5 ⑩.視覚集中力=5 であります。

■アメリカンフットボール/ラグビーにおいて目の役割が大切なシーンをご紹介いたします。

□楕円ボールを扱うために必要な動体視力と眼球運動

ラグビーアメリカンフットボールは、ボールが楕円のために、レシーブには細心の注意が必要です。送られてくるボールの向きを正確に見きわめてレシーブしないと、ノックオンやファンブルをまねきます。この向きを見きわめるためには、すぐれた動体視力が求められます。また、パントやドリブルでボールが転がるとき、この楕円形は、予測できない動きをします。この動きを眼でとらえ続けるには、眼球運動の能力を必要とします。

□スクラムハーフとクォーターバックに不可欠な周辺視力

すぐれたスクラムハーフとクォーターバックの条件の1つは、状況に応じて各種のパスをすばやく正確に出すことです。そんためには、目標にするレシーバーを見るだけでなく、その周辺の味方やディフェンスのポジションや動きを、周辺視力をフルに活用して見なければなりません。最初の目標のパスコースがふさがれたときには、周辺視力でとらえた第、第3のパスコースに、すぐさまパスを送ります。

□タックルを鋭くする眼と手・足の協調性

フォワードは、あらゆるステップやフェイントを駆使して、ディフェンスラインを突破しようとします。このときのディフェンスは、強力なタックルで食い止めなければなりません。タックルのタイミングを正確にするのは、眼と手・足の協調性です。フォーワードとの距離やその動きを見きわめ、「今だ!」と思ってから、どれだけすばやくタックル動作に移れるかが、タックルの鋭さを生み出すポイントになります。

□キックを正確にする視覚化

ゴールキック、ペナルティキック、トライ・フォア・ポイントなどのキックは、勝敗を左右する重大なプレーです。あらゆる角度からゴールをねらうためには、正確なキック力が必要となるわけですが、その正確さを高めるために効果的なのが、視覚化の能力です。インパクト前の足の振り上げから、インパクト、フォロースルー、そしてボールの軌道などを、頭の中でできるだけ具体的に理想的にイメージし、実際のプレーに臨みます。

20).格闘技

 格闘技におけるスポーツビジョンの必要性を考えるといは、各種競技を2種類に大別することができます。1つのグループは、ボクシングを代表とする、空手、テコンドー、剣道、フェンシングなど、離れて対戦する競技です。もう1つは、レスリングを始めとする、相撲、柔道などの競技です。ボクシングのグループは、レスリングのグループに比べ、攻撃ののスピードが速く間合いが問題になるので、「動体視力」「眼球運動」「深視力」などの能力がより重要視されます。また、「眼と手・足の協調性」「周辺視力」も、攻撃スピードが速く、攻撃範囲の広いボクシングのグループが、より必要とされるでしょう。ボクシングの視機能必要レベルを5段階で表示すると ①.静止視力=2 ②.動体視力=2 ③.眼球運動=5 ④.焦点調節/輻輳・開散=3 ⑤.深視力=3 ⑥.瞬間視=5 ⑦.眼と手・足の協調性=5 ⑧.周辺視力=5 ⑨.視覚化能力=4 ⑩.視覚集中力=5 であります。

■格闘技において目の役割が大切なシーンをご紹介いたします。

□正確なパンチを打ちこむために必要な眼球運動

ボクシング、空手、剣道など、相手と離れて対戦する格闘技で、正確に攻撃を決めるためには、眼球運動能力を必要とします。目まぐるしく動きながら防衛の体勢をとる相手を、的確にとらえて攻撃を仕掛けなければならないからです。そしてこのときの眼球運動は、1つの目標を追跡する能力ではなく、相手の足、体、頭、手などの動きを、次々に見ていく、眼球の跳躍運動の能力です。

□相手との微妙な間合いをはかるための深視力

ボクシング系の格闘技は、レスリング系よりも距離感が大切です。レスリング系も間合いに注意をしますが、組み合ってしまえば視覚情報の重要度は、それほどでもなくなります。たとえばボクシングでは、相手のパンチがクリーンヒットせず、自分のパンチが決めやすい間合いを常に維持することが、攻撃の主導権を握るポイントになります。その間合いは非常に微妙なので、深視力によるデリケートな判断が求められます。

□一瞬の攻撃チャンスを逃がさないための瞬間視

たとえばボクシングなら、相手がストレートを空振りした瞬間、ボディーブローのチャンスがあり、ボディブローがブロックされた瞬間、ガードが下がっているので、フックのチャンスが生まれ、それらはすぐに消えます。どんな格闘技でも攻撃チャンスは必ず生まれ、そして一瞬のうちに消え去るのです。そのわずかなスキを突けるかどうかが勝敗を左右します。スキをいち早く発見する眼、それが瞬間視の能力です。

□広範囲な技の応酬を的確に防ぐには周辺視が必要

たとえば剣道なら、上段から上下に振り込まれたり、斜めに振り込まれたり、脇から真横にふりこまれたりと、あらゆる位置や方向から、攻撃がしかけられます。このとき防御者は、相手の剣先だけ、体だけ、足だけを見ていると、すばやく剣先の動きから身を守ることができません。どこ1か所を見つめるのではなく、フォフトフォーカスで全体を見て、十分に周辺視力を働かせることが大切です。これは、他のの格闘技でも同じです。

□眼と手・足の協調性が技の切れを生む

瞬間視によって相手のスキをいちはやく発見しても、技や攻撃をくり出すまでの反応時間が遅ければ、攻撃チャンスが生かせません。チャンスはすぐ消えてしまいます。チャンスを発見して、さて、どんな技を出そうかと考えているようでは遅すぎます。反射的な攻撃が必要です。攻撃動作自体のスピードは、もちろん日頃の練習のたまものですが、その動作を開始するタイミングを早めるには、眼と手・足の協調性が必要です。

■格闘技と目

宮本武蔵は「五輪書」で周辺視力の大切さを紹介している

巌流島の決戦で佐々木小次郎に勝ったことでも名高い、江戸時代初めの剣術の達人、宮本武蔵は「五輪書」という本を著し、武道のヒケツを紹介しています。その中で武蔵は、「兵法の目付といふ事」と題し、次のようなことをいっています。●「目の付けやうは、大きく広く付くる目也」(相手を見る目のつけ所は、大きく広い範囲を見るようにする)●「敵の太刀をしり、聊かも敵の太刀を見ずという事、兵法の大事也」(敵の刀の位置を知っておくが、刀自体に目をこらしてはいけないということが、兵法の大事である)●「目の玉はうごかずして、両わきを見る事肝要也」(眼球を動かさないで、両わきを見ることが大事である)これらは、相手の多彩な攻撃に即応したり、一瞬のスキをのがさないための目付けですが、いずれも、スポーツビジョンの周辺視野の大切さをいっているものと思われます。

15).サーフィン 16).ボディボート 

 サーフィンやボディボードは、ハイスピードで不規則な波の動きを見きわめ、さまざまなパフォーマンスを展開するために、多くのスポーツビジョンが高度なレベルで必要とされると考えられます。波の発生から終息までの変化を広い範囲で的確にとらえるためには、「動体視力」「眼球運動」「周辺視力」を必要とします。また、波の状況にあわせてパフォーマンスを開始するタイミングをつかむためには、「瞬間視」「深視力」「眼と手・足の協調性」などが欠かせません。そして、次の波に対してどのようなパフォーマンスを展開するかをイメージするために「視覚化」も非常に大切な要素となります。サーフィン、ボディボートの視機能必要レベルを5段階で表示すると ①.静止視力=3 ②.動体視力=3 ③.眼球運動=5 ④.焦点調節/輻輳・開散=3 ⑤.深視力=5 ⑥.瞬間視=5 ⑦.眼と手・足の協調性=5 ⑧.周辺視力=5 ⑨.視覚化能力=5 ⑩.視覚集中力=5 であります。

■サーフィン/ボディボートにおいて目の役割が大切なシーンをご紹介いたします。

□パフォーマンス開始のタイミングをつかむために必要な瞬間視

リッピング、チューブライディング、エアリアルなど、さまざまなパフォーマンスがありますが、これらを成功させるには、開始するタイミングを正確につかむことが大切です。では、タイミングをつかむには、どうすればよいのでしょうか。それは、波の形状や性質が正しい判断から生まれます。一瞬にして変化する波を見て、瞬間的にその形状や性質を知るためには、「瞬間視」の能力が欠かせない要素となるのです。

□次のアクションをイメージするために必要な視覚化

波が来たらただ闇雲に立ち上がり、なりゆきでアクションをしていては、理想的なパフォーマンスを展開できるようにはなりません。目指すアクイションをまずイメージングして、波を厳選することが大切です。また、パフォーマンス中にもイメージングは大切です。たとえばボトムターンからトップに行くときに、頭の中でトップアクションをどのようにするかを具体的にイメージすることにより、ベストなアクションが展開されるのです。

□パフォーマンス開始のタイミングをつかむために必要な瞬間視

 視 機 能 と は :

①.静止視力     各種スポーツビジョンの基礎になる能力

静止視力とは、学校などの視力検査で調べる止まったものを見分ける能力ですが、この能力は、下記で紹介してきた各種のスポーツビジョンとピッタリ一致するわけではありません。静止視力1.5の人が、1.0の人より動体視力や深視力などのスポーツビジョンがすぐれているとはいえません。しかし、静止視力0.2の人は1.5の人よりすぐれたスポーツビジョンを持つことはできないのです。静止視力が低いと満足なスポーツビジョンが望めず、次のようなハンデを負うことになるでしょう。<スポーツのための目の科学的強化法より>

・動体視力が不十分になり、高速での動くボールを正確に見極めることができません。ボールが小さいほどその影響が著しく、野球・スカッシュ・卓球などで、非常に不利になります。

・深視力が不十分になり、ボールと自分の距離感、相手と自分との距離感の目測を誤りやすくなります。したがって、ボール・スポーツでのパス、シュート、格闘技などでの攻撃と防御に大きく影響します。

・相手や味方の表情の読みが十分に行えず、プレーへの対応が遅れてしまいます。スポーツでは相手や味方の表情、眼つき、視線の行方などを正しくすばやく読み取ることにより、次のプレーを予測することが少なくないからです。

・コントラスト感度に影響がでます。ボールと背景との区別がしにくくなったり、ユニフォームの色が見分けにくくくなります。薄暮や夜間のゲームなどで、照明が不十分なとき、その影響はさらに強くなります。

②.動体視力

動体視力とは、動いているものを正しく見極める能力です。自分と目標との関係を詳しく説明すると、次の3パターンあります。Ⅰ.自分が止まっていて目標が動いているとき Ⅱ.自分が動いて目標が止まっているとき Ⅲ.自分と目標が動いているとき いずれも、目には目標が動いているように見えます。もっとも、最後のケースは、自分と目標が同方向、同速度で動いていれば、目標は止まって見えます。また、動きの種類によっても、2種類に分けることができます。Ⅰ.目標が目に向かって直接的に近づいてくる動き Ⅱ.目標が目の前を横切る動き スポーツビジョンでは、この2種類の動きに対する眼の能力を、別々に測定しています。

「ボールが止まって見えた」のお話:

障害打率.313、首位打者5回。監督としては、王、長嶋をひきいて史上空前の9連覇をなしとげた川上哲治は、選手時代、「打率の神様」とまでいわれ、戦前戦後の野球ファンに大きな夢を与え続けました。その神様が、あるとき言いました。「ボールが止まって見えた」。止まっているボールを打つのは、神様ではない私たちでもできそうです。神様たるゆえんは、ボールを止めたことでしょう。もちろんそれはたとえで、ボールが止まっているようによく見えたということだと思いますが、ボールを止めたのは彼の眼で、その眼はスポーツビジョンのうちでも、動体視力だったということができます。

③.眼球運動

眼球運動とは、視線を目標に向ける速さと正確さの能力です。難しい説明はさけますが、視線の方向がサッと動いたり、パッと変わったりするのは、人間が眼の中心で目標をとらえようとするためです。人の目は、中心だけでなくそのまわりでもものをとらえて見ることができます。たとえば部屋の時計を見ると、時計だけだなく、その隣の絵やポスターも眼に入ります。しかし人の目の仕組みは、眼の中心に入るものの色や形がよく見えるようになっていて、そのまわりのものの色や形は、あまりよく見えていないのです。だから眼は、常にめまぐるしく動き、目標を眼の中心に入れて、形や色をはっきり見ようとするのです。なお、眼球運動は、「追従運動」と「跳躍運動」の2種類に分けられます。「追従運動」とは、眼の中心でものをとらえたまま、ものの動きに合わせて眼球を動かす運動です。卓球やテニスなどで、ボールを眼で追い続けるときの運動です。「跳躍運動」とは、いくつもの目標に、パッパッと視線を飛ばしていく動きです。サッカーのゴールキーパーが、味方のバックスの動き、敵のフォワードの動き、ボールの動きなどを、一瞬のうちに見極めるためには、「跳躍運動」が必要になります。

「1分間に162回のラリーを追う眼」のお話:

ある記録によれば、卓球のラリーの世界記録は、1分間に162回とか。1秒たらずでボールが行って帰ってきてしまうわけです。ということは、0.4秒に1回の割合でストロークをくり返すことになります。大変な忙しさです。まず、相手のストロークを見て、くり出されるボールの角度、コース、球質を判断し、実際に飛んでくるボールを目で追い、自分のストロークの方法を決め、ボールをたたき、自分の打球の方向を目で追うーーーーこのように多くのことを、ほんの一瞬のうちに行い、それを何回もくりかえさなければならないのです。天才卓球少女「愛ちゃん」のプレーぶりをみてもわかるように、少女の真剣な瞳は、はげしくすばやくボールを追い続けます。卓球ではさまざまな角度、コースに高速で動くボールを、常に眼で追跡しなければなりません。この目標を追跡する眼の動きを、眼球運動といいます。

④.深視力

深視力とは、距離や距離の差を感じる能力です。鉛筆を両手に持ち、両目で見ながらその先を図のように空中で合わせてみてください。ひじは伸ばしきらないように。難しいけれど、なんとか合わせることができます。

では今度は、片目でそれをやってみてください。なかなか合わせられないはずです。このことから、人は両目を使うことによって、眼から2本のエンピツの先までの距離や2本のエンピツの位置関係をたしかめていることがわかります。ではなぜ両目を使うと、距離や位置関係が正確にわかるでしょうか。それは、右目に見える映像と左目に見える映像が、わずかにちがうからです。寝転んで、自分の右足のつま先を見て下さい。左目を閉じて右目だけでつま先を見て下さい。次に左目だけで見て下さい。右目と左目では、少しちがった像が見えます。私たちはこの違った像を、猛の中で1つにまとめることにより、立体的な、つまり距離感や位置関係がわかりやすい像を見ることができるのです。

では、両目を使うことによってなりたつ深視力が不十分だと、距離感や位置関係はまったくわからないのでしょうか。そんなことはありません。私たちは経験や知識によって、距離感や位置関係を知ることができるからです。しかしそれは「ほぼ」であって、十分正確に見極めることはできないということでもあります。場合によっては、経験や知識にじゃまされて、まちがって判断してしまうこともあります。

ちょっと話はそれますが、立体写真は、この原理を利用したものです。左右の目でそれぞれ見たような少し写り方のちがう写真を2枚用意して、1枚を右目だけ、もう1枚を左目だけで見るようにし、あたかも奥行のある写真であるかのように錯覚する仕組みになっています。

「タクシードライバーと深視力」のお話:

自動車の運転で事故を起こさないためには、人や物をさけるハンドルさばきやブレーキをかけるタイミングに十分注意しなければなりません。そしてハンドルさばきやブレーキのタイミングは、人や物と自分の距離を正しく見きわめることによって、正確さが生まれます。つまりドライバーには、距離感や位置関係をしっかり見極める眼=深視力が必要だということです。これは自動車にかぎったことではなく、オートバイや自転車でも同じです。社員数1,500名のあるタクシー会社で、何回も事故を起こしたことのあるタクシー乗務員40名に、深視力の検査を行いました。すると40名中25名(62.5%)に異常が認められました。これは、驚くべき比率です。自動車運転免許試験場では、2種免許の取得に際して深視力の検査を行いますが、不合格率は4%にすぎません。さっそその25名に対して、メガネを合ったものにかえさせるなどして、深視力を上げるように指導しました。その結果、明らかに事故が起きる割合が減ったそうです。

⑤.瞬間視

瞬間視とは、一瞬のうちに多くの目標を認知する能力です。瞬間的に見える映像から、必要な情報をどれだけたくさん得られるかは、人によってちがいます。以前フジテレビ系の「なるほど・ザワールド」という番組の中で、瞬間視力を働かせるクイズがありました。ある動く映像を流している途中で、瞬間的に別の止まった映像を映し出すのです。回答者は、瞬間的にあらわれた像が何かを当てます。回答者の中には、いつもすばやく見つける人がいるかと思えば、まったくわからない人もいます。また、同じ人でも瞬間視力は、そのときどきの調子=覚醒度(さえの度合い)によって左右されやすく、いわゆる「乗っている状態」や「ハイな状態」のほうが、能力が高まるようです。

「中田選手のダイレクトスパイク」のお話:

1993年の女子バレーボール日本リーグはプレーオフとなり、日立とヨーカドーの間で、優勝をかけた一戦が行われた。両チームの実力は接近し、フルセットに突入。闘魂の花火が散り、ゲームはまさに白熱。日立がいよいよマッチポイントを迎え、ヨーカドーから戻ったボールが、日立の名セッター中田選手にわたり8ました。場内はもとよりヨーカドー側も、「中田は誰にトスするのか?」と注目。その瞬間、中田選手は大きな賭けに出ました。意表をついたダイレクトスパイクを鮮やかに決め、熱い戦いに幕をおろしたのでした。中田選手のこのプレーを、ファンや解説者は「センス抜群」「神業」などと興奮してほめたたえましたが、しかしそれではこのプレーのすばらしさを、本当に理解したことにはなりません。実はここに、スポーツビジョンの瞬間視が見事に生かされていたのです。日立のYコーチは、いいます。「セッターにボールが返ってくるとき、常にチラッと相手のコートを観察させる」つまり瞬間視の大切さを、同コーチは中田選手に植え付けていたのです。そしてチラッと観察してから、次の作戦をとるよう指示しています。「もし、フォーメーションにスキがあれば、ちゅうちょなくフェイントやダイレクトスパイクを仕掛ける」中田選手の「抜群なセンス」や「神業」は、瞬間視の能力を日頃から強く意識してトレーイングすることにより引き出されたということができます。もし中田選手の瞬間視力が低ければ、相手の守備陣形のスキをついた、的確なダイレクトスパイクは成功しなかったでしょう。もちろんダイレクトスパイクという高度な技術も欠かせませんが、守備のスキを瞬時に発見し、「ダイレクトスパイクでいこう!」と判断し、どこへ打つのがいちばんよいかを知るには、瞬間視力がものをいいます。

⑥.目と手・足の協調性

目と手・足の協調性とは、視覚で認識した目標に対しすばやく手(または体・足)で反応する能力。ものを見て動作を始めるまでの眼と脳と手・足のメカニズは、カンタンに説明すると次の通りです。眼で得た情報を脳に送り、脳でその情報の内容を調べ、今までの知識をもとにある判断を下し、その判断を実現させるために必要な動作の指令を手足に出します。脳がコンピューターだとすれば、眼は入力回路で、手足は出力回路となるわけです。例えば、アメリカの映画で、こんなシーンがありました。旅に出た高校生ぐらいの少年がお金に困り、見知らぬ町の酒場に入って、見るから強そうな荒れ男たちに向かって、大声でこういいました。「誰かオレと賭けをしないか。」男たちは生意気なガキだと胸ぐらをつかんでつめより、ケガしないうちにとっとと出ていけと追い払おうとします。しかし少年はひるむことなく続けます。「54枚のカードの中から、好きなカードを選べ。それをまぜたカードをよく切って、放り投げろ。オレは、選んだカードに空中でナイフを突き刺す」。酒場中が大笑いをしました。けれど少年は真剣です。その真剣さに負けて、酒場ぼ何十人もの客が書けに参加することになりました。もちろん少年に賭ける者は誰一人としていません。荒くれ男の一人がカードを選び、54枚のカードを空中に放り投げました。カードは飛び散り、ヒラヒラと落下してきます。ナイフを左手に持った少年の目が、チカチカと動き、選ばれたカードを探します。少年の左手が動き、ナイフがキラリと光って飛び、見事1枚のカードを貫いて壁に突き刺さりました。それまで騒然としていた酒場が水をうったように静まり返り、少年は賭けに勝ちました。こんな話など実現にはあり得ないことかも知れません。しかし、目から入力した情報により、すばやく手で正確に反応する能力を高めていけば、常識ではあり得ないことも、実現する可能性があります。神業! ミラクル! アンビリーバブル!などと驚嘆に値するスポーツのプレーは、神の仕業ではなく、奇跡ではなく、信じられないことでもないのです。目と手・足の協調能力を高めた先にある人間の仕業であると考えたほうがよいでしょう。

「サッカーと目と手・足の協調性」のお話:

たとえば、サッカーのゴールキーパーの動きを例にとると、キッカーの立ち足のつま先が、自分の右の方向に向いていることを発見したとき、キーパーはこれまでの経験と知識から、ボールが右にくることを予測し、右足に重心をかけ、右へのセービングを開始します。このとき、目からの入力情報は「立ち足のつま先の方向」、脳の中の知識は「立ち足のつま先の方向で、脳の下下司令、つまり出力情報は「右へのセービング」となるわけです。では、ここで問題です。2人のキーパーがいて、上の列と同じ状況にのぞみました。次の条件は2人とも同じです。 ・体格 ・経験と知識 ・セービング能力 ・眼から脳への情報伝達時間 ・脳内で判断に要する時間 ・動作の種類を手足に伝える時間 ・セービング動作のスポードと質 そして、予測通りキッカーはキーパーの右にキックしました。このとき、1人がセービングに成功し、もう1人が失敗したとしたら、何の差によると考えられるでしょうか。答えは眼です。0.1秒でも早く、「立ち足が右うを向いている」という視覚情報をキャッチすることにより、セービングの成功率は、かぎりなく高くなるのです。

⑦.周辺視力

周辺視力とは、数値で客観的に評価するのは困難だが、周辺視野域における認知力(動きや光、あるいは大きな視標)をチェックする能力。②の眼球運動のところでも説明しましたが、人はものを見るとき、眼玉をグリッと動かして、視野の中心で目標をとらえようとします。これは、視野の中心で見たほうが、ものの色や形がよく見えるからです。視野の周辺にいくほど、色や形がわかりにくくなります。では、1つの目標を目の中心で見るとき(=中心視)、周辺視力は不必要になるのでしょうか。だとすれば、スポーツのプレーの多くは、中心視をもとにしているので、ノールック・パスなどの特殊な場合以外、周辺視力は、役に立ってこないことになります。こんな2つの実験があります。野球の外野手が本塁へバックホームの遠投をするとき、また、バスケットボールでフリースローをするとき、周辺視野をふさぎ中心視だけにすると、コントロールや成功率は、どのように変化するか。大学野球部の外野手14人に、ホームベースから85m離れて、バックホームしてもらいました。結果は、周辺視野をふさぐ割合を高くするほど、ホームベースから左右にそれる距離が大きくなりました。同じように大学バスケットボール部の部員20人で行ったフリースローの実験でも、周辺視野が狭くなるにつれて、成功率は悪くなりました。この2つの結果は、周辺視力が体のバランス保持に関係していることを示します。体のバランスは、耳の中の機能によっても保たれますが、視覚にも左右されます。片足立ちして両眼を閉じたり、両岸の外側を紙などでふさぐと、ふらふらして立っていられなくなることからもわかります。周辺視野が狭くなると目標の位置を見極める感覚が低下し、さらに体のバランスが悪くなり、その結果、遠投やフリースローのコントロールが乱れてくるのです。

「マジックジョンソンと周辺視力」のお話:

NBAロサンゼルス・レイカーズを何度も優勝に導き、92年バルセロナ・オリンピックでは、ドリームチームのキャプテンを務め、その後引退したアーヴィン・ジョンソンは、またの名をマジック・ジョンソンといいます。何が魔法といえば、彼のパスワークです。彼はポイント・ガ^-ド(攻撃コントロールタワー)として活躍し、NBAの通算アシスト記録9921を持ちます。アシスト・パス、つまりシュートに直結した決定的なパスをくり出すその技術は、世界最高水準のディフェンス技術を持つはずの他のNBAのプレーヤーたちをも子どもあつかいました。また魔術師のように、体のあちこちからパスをリリースし、ときにはレシーバーをまったく見ることなく、ピンポイント・パスを通したのです。レシーバーを見ないでリリースするパスを、とくにノールック・パスとよびますが、まったく見ていないわけではなく、視野の端で、ちゃんととらえているのです。NBAともなれば、コンビネーションはしっかりしていて、プレーごとに暗黙の了解があります。たとえば、速攻でマジックがセンターからドリブル・インしたときには、フォローのプレーヤーが、必ずマジックの右斜め後から走ってくるなどと、そのときマジックは、自分がシュートに持ち込むふりをして、視線もゴールに向けディフェンスを十分引きつけます。しかし、右眼の端では、右斜め後から走り込んでくる味方を一瞬キャッチし、シュート・リリースの瞬間にノールック・パスに切り替えてしまうのです。彼の起こす魔法には、いくつかのタネがありました。コンビネーション、巧妙なパス・テクニック・・・。そして、眼の端に映るものをキャッチする能力=周辺視力も、その大切なタネの1つだったのです。

⑧.視覚化能力

視覚化能力とは、視覚的なイマジネーションで、目に見えるように頭の中で描ける能力。実際には眼を使わなくても、使ったような効果を得るためには、漠然とイメージするのではなく、本当に自分の体を動かしている感じを眼で見ているようにしらなければなりません。たとえば、テニスでバックハンドのアングル・ショットを視覚化します。そのとき、なんとなくそのプレーをイメージするのではなく、足の踏み込み方、バックスイング、インパクト、フォロースルーなど、一連の動作をこと細かく思い描くのです。そうすると、思い描いた動作に必要な筋肉が、収縮することがあるのです。そんな実験結果も報告されています。たとえ筋肉が収縮しなくても、正確な視覚化を心がけることにより、脳から理想的な動作司令を発するトレーニングとなります。その結果、現実にプレーをするときも、スムーズですばやい動作司令が発信され、すばらしいプレーやパフォーマンスが生み出されることになるのです。

「帝王ニクラウスのプレーを支える視覚化」のお話:

現代のゴルフ界のスーパースターといえば、この人をおいてほかにいません。ジャック・ニクラウス。彼は世界の5大メジャータイトル(全英オープン、全米オープン、マスターズ、全米プロ、全米アマ)すべてで優勝しているだけでなく、そのメジャー優勝回数を合計すると20回にもなります。現代はおろか過去のスーパースターたちを見回しても、そんな驚異的な記録を残した怪物はいません。まさに、ニックネームの「帝王」にふさわしい戦績です。その彼が、ショットの秘訣をこう教えています。「頭の中で映画を見るようなものです。・・・・・まずフィニッシュしたい場所にボールをおいて見る・・・・次にボールがそこに飛んで行く様子を見る・・・・・・最後にこの2つのイメージを実現するにはどのスイングがいいのか、そのスイングを視覚化してみます。ボールを落とす理想的な場所、そこに届くまでのボールの軌跡、そしてその場所への到達と軌跡を実現するための理想的なスイング、それらをすべて頭の中「見る」ことが大切だと言っているのです。もちろん帝王ニクラウスの栄光は、血のにじむような練習、トレーニング、卓越した闘志などを抜きに考えることはできません。しかし、視覚化能力の開発もその栄光の一翼を担っていたということは確かです。

⑨.視覚集中力

集中力には精神と視覚の両方がある。視覚集中力とは、見えていても見えていないことを失くす能力。たとえばアメリカの有名なプロのテニス・コーチ、ティモシィ・ゴールウェイは、正確なグランド・ストロークをするために、テニスボールの縫い目に焦点を合わせるか、集中するようにと指導しました。また、NFLクリーブランド・ブラウンズのコーチだったブラント・コリアは、クォーターバックにレシーバーの体全体ではなく、胸、片、顔、腰などに焦点を合わせるようにと指示しました。ニューヨーク・ジャイアンツの名クォーターバック、スコット・ブルナーもブラウンズの意見には賛成のようで、「目標を小さく決めると、ミスがへり、正確性があげられる」といっています。あるいは、NBAニューヨーク・ニックスで活躍したビル・ブラッドレーは、ニックスに入る前ブリストン大学で、21回連続フリースロー成功という大記録をつくりましたが、その秘訣は、フリースローのときリング全体を漠然と見るのではなく、ネットをリングに固定するためにリングのい下に取り付けられた小さなスチールの穴のひとつに集中することでした。これらの話に共通していることは、目標を漠然と見るのではなく、目標の中のより小さなポイントに焦点を合わせることです。それにより、視覚集中力が一段と高まり、動体視力、眼球運動、深視力などのスポーツビジョンが効果的に働き、ひてはすぐれたプレーやパフォーマンスが生み出されることがあるのです。

「標識が見えてない初心者ドライバーと校正のお仕事」のお話:

駅前の商店街の狭い道を、対向車や通行人の冷たい視線を浴びながら、バックしていくクルマを、ときどき見かけます。一方通行と知らずに入り込んでしまったのです。誰でも若葉マークのころは、一度や二度、そんな失敗をおかします。赤地に白い横線の進入禁止の標識は、必ず視野に入るもので、見落とそうとしてもなかなか見逃せません。標識を見るときに使われるスポーツビジョンは、主に瞬間視ですが、たとえ瞬間視の能力が低くても、標識は眼に入るはずです。にもかかわらず見逃してしまうのは、やはり集中力が不足しているからです。また、校正という仕事があります。文字の間違いを発見して赤エンピツで直す仕事です。漢字や言葉を知っていれば、誰にでもできそうですが、実はなかなか大変で、素人が行うと見落としがたくさん出てきます。校正に使うスポーツビジョンは、主に眼球運動で、スムーズな視線の移動によって、中心視やで文字をとらえ続けなければなりません。ふつうの読書で行うような視線を飛ばす飛ばし読みをすれば、必ず見逃しが出てきます。しかし、たとえスムーズな眼球運動を行っても、素人はカンペキに校正することができません。まちがった文字を見ているにもかかわらず、気が付かないで通りすぎてしまうことが多いからです。つまり、実際には眼で見ているはずなのに、見えないことがあるのです。なぜ、見ているのに見えないのでしょうか?理由はいくつか考えられますが、そのひとつは、視覚集中力の不足です。集中力が不足すると、「日」「曰」、「日」と「月」、「士」と「土」など、まぎらわしい文字の区別がつかなくなってしまうのです。

⑩.焦点調節/輻輳・解散

自動的にピントを合わせてしまうAF(オートフォーカス=自動焦点)カメラが発明されたとき、誰もがびっくりしました。しかし、人の目の自動焦点調節機能に比べたら、まだまだその能力は幼稚です。なにしろ眼は、遠くは夜空の星から、近くは眼の前数センチのものまで、一瞬のうちにピントを合わせてしまうのですから、そんなすごいカメラはありません。しかも眼はカメラとはちがい、レンズを前後に移動させて焦点距離を変えるのではなく、レンズ(水晶体)の厚みを変えることで、焦点距離を変えているのです。最近のハイテクでも、このような眼の機能をまねすることはできません。さて、スポーツビジョンとして問題になるのは、いろいろな距離の目標に焦点を合わせるために、水晶体が厚みを変えるときの速さと正確さです。たとえば、テニスでは、インパクトの瞬間に手元のボールに焦点を併せ、次にすぐさま相手コートに飛んでいったボールや相手の動きに焦点を合わせなければなりません。また、その逆もあります。とにかく、近い目標と遠い目標を交互に、どれだけすばやく正確にとらえることができるかが、非常に重要になってくるわけです。このときの、水晶体を厚くしたり薄くしたりする能力を、焦点調節能力とよんでいます。また、近くにあるひとつの目標を見るときには、両眼が寄り眼になります。この両眼の動きを輻輳といいます。そして遠くにあるひとつの目標を見るとき、両眼の視線は開いて平行に近づいていきます。これを開散といいます。つまり、焦点調節と輻輳・開散は、いつも連動して起こるのです。近くの目標を見るときは、水晶体を厚くして寄り目になり、遠くの目標を見るとき、水晶体を薄くして視線を開くのです。この連動した動きが、スムーズにすばやく正確に行われることにより、さまざまなスポーツビジョンが効果的に働きます。

「こんなスポーツこんな場面で威力発揮」のお話:

遠くの目標と近くの目標を、交互に見なければならないスポーツでは、焦点調節、輻輳・開散の能力が、競技力に影響します。たとえば、目標の距離移動が大きいボール・スポーツ、たとえば野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、テニスなどでは、インパクト、パス、シュート、ストロークなどの正確さに関係してくるでしょう。また、アーチェリーや射撃なども、遠くの的と眼の前のサイトを見比べる必要があるので、これらの能力(焦点調節、輻輳・開散)が重要となります。

⑪.コントラスト感度    色や明るさのわずかなちがいを見分ける能力

人によってコントラスト感度は違う・・・・・

日本初の屋根つき球場、東京ドームができたころ、こんなことがよく起こりました。外野手が高くあがったフライをとるとき、ボールを見失ってしまうことがあったのです。白いボールと屋根の色が、とてもよく似ていたからだす。甲子園の高校野球でも、白いシャツの観客席を背景にしてライナーをとろうとするとき、同じことがときどき起こります。このように、わずかにちがう色や明るさを見分ける能力は、スポーツでは非常に大切で、その能力は、人によってかなり差があることは、あまり知られていません。つまり、コントラスト感度の優れたA選手は、感度の劣るB選手よりも、東京ドームや甲子園で、フライの捕球ミスをする可能性が低いということです。野球に限らず卓球やバドミントンなども、観客の白いシャツにボールやシャトルコックがmぎれることがあるので、コントラスト感度がプレーに影響し、勝敗を左右することもあり得ます。<スポーツのための目の科学的強化法より>

コントラスト感度は、どちらかといえば、静止視力がいいと、いいようです。静止視力1.5の人のコントラスト感度は、0.2の人より上です。したがって、静止視力が非常に低い人は、メガネやコンタクトレンズで視力を上げれば、コントラスト感度も上がります。また、静止視力は明るいほどよくなる。という性質も知っておくとよいでしょう。夜よりも昼間、曇りよりも晴れの日のほうが静止視力は上がり、コントラスト感度もよくなるのです。

動体視力や深視力など、スポーツビジョンの中には、トレーニングによって向上させることができる能力が少なくありませんが、コントラスト感度は、トレーニング効果が期待できません。

 

同じような明るさや色を見分ける能力は、完全に網膜にある細胞の感度によるからです。網膜の細胞をトレーニングすることはできません。網膜の細胞は、背景と目標とはっきり見分けるために、こんな働きをしています。左上図Aは、グレーの空に上がったグレーのボールです。私たちの目には、このように映っているかのように思われますが、実は極端に説明すれば左下図Bのように映っているのです。つまり、網膜の細胞は、背景から目標をくっきり浮かび上がらせるために、自動的に目標の輪郭の内側を暗く、輪郭の外側を明るく映すのです。この輪郭を明るく暗くしたりする能力がコントラスト感度で、その能力は人によってもともとちがい、トレーニングする方法は、今のところ見つかっていません。ただし、網膜の細胞が元気なほどコントラスト感度はよくなるので、疲れを十分に取りビタミンA,B2をとることにより、多少の向上が望めます。なお、ビタミンAは,レバー、ニンジン、緑黄色野菜、乳製品などから、ビタミンB2は、牛乳、レバー、緑黄色野菜、卵、ピーナッツなどからとることができます。

■たとえば、スポーツとコントラスト感度によって影響を与える競技には、ボールが背景と区分しにくくなる場合のあるボール・スポーツ、夜間や霧の中で行われることのあるモータースポーツ、スキーでは、コントラスト感度の能力のちがいが、プレーやパフォーマンスに大きな影響を与えます。

⑫.光 感 度     暗さやまぶしさの中で視力を発揮する能力

網膜の細胞で能力が決まる・・・・・

光感度は、網膜の細胞の性質によって、その能力が決まります。マメラのフイルムには、光が弱いときでもはっきり映る高感度フィイルムや、光が強いときでもハレーションを起こさない低感度フィルムがありますが、人の目の網膜は、高感度から低感度まで、あらゆる光に感応できるフィルムが用意されていると考えることができます。そして、弱い光に感じる網膜細胞の感度の高さ、一度強い光によって興奮し映像情報を脳に送った細胞がふつうの状態に戻るまでの時間、これらは、人によってちがうことが知られています。この能力は先天的なもので、トレーニングによって高めることはできません。ただし、ビタミンAが欠乏すると夜盲症となり、暗い中での静止視力が低くなるので、レバー、ニンジン、黄緑色野菜、乳製品を十分にとることにより、この能力を正常に保つようにすることが大切です。

光感度は、暗い中で、ものをしっかり見る能力が含まれるので、コントラスト感度と似た能力といえます。薄暗い中で、野球やサッカーの試合をするとき、ボールや選手の動きを正確に追うために必要な能力は、光感度であり、コントラスト感度です。しかし光感度のほうには、暗い中で微妙な明るさや色のちがいを判別する能力だけでなく、明るすぎる背景の中で、ものを正確に見分ける能力や、まぶしいものを見たあとで、ものを正確に見る能力も含まれます。たとえばバレーボールで、体育館の強烈な照明が入った直後に、ボールを見なければならないとき、まぶしさからの回復力が弱いと、ボールを正しく見れず、レシーブやスパイクがうまく行えないことがあるのです。

暗さの中で視力を発揮する能力は、一般的にはあまり重要とはいえません。ある特別な場合、たとえば照明設備の不十分なグラウンドで、薄暮や夜間に野球、サッカー、ラグビーなどの試合をするときに必要とされるだけです。一方、まぶしさからの回復力は、屋外屋内の競技で、照明が視野に入る競技、屋外のボール・スポーツで、ボールが空高く上がる野球、サッカー、ラグビーなど必要とされる場合があります。また、テレビ中継のライトやカメラのフラッシュがあるときも、まぶしさからの回復力が必要とされる場合があります。