スポーツメガネ度付きショップ|兵庫県メガネのアマガン » 度付きダイビングマスク NG:M-7500
度付きスポーツグラス&メガネと目の保護グラス

例えば、サバイバルゲーム時の保護メガネや、サッカー・バスケットボール・ラクロス・アメリカンフットボール時等の度付きゴーグル、学校・クラブチームのスポーツによる眼損傷の予防としての保護用度入りグラスをご提案。

スポーツ用グラスと視力と視機能について

子供から大人までの野球、ゴルフ、スキー、オートバイ、サーフィン等のスポーツ競技は、運動能力だけでなく、目の能力も大変重要と言われています。この様な競技に合ったスポーツグラス選びも大切です。

スポーツグラス度入りの選び方

スポーツの競技(種目)をされる方が全員「目が良い」とは限りません。スポーツ競技時のメガネのフレームやレンズ、サングラスの度付き選びは、競技におけるパフォーマンスの成果が違ってくることご存知ですか。

スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

スポーツ競技に合ったサングラス、ゴーグル、保護グラスや、普段眼鏡を掛けておられる方に合ったメガネ、度付きサングラス、度入りゴーグル等、様々な競技用途に合った、フレームやレンズ、カラー特性選びをご提案。

スポーツグラス相談室 

プレー中の快適な保護メガネ、サングラス、ゴーグルや、普段眼鏡を掛けておられる方々のメガネ、度入りサングラス、度付きゴーグル等の製作に当たっての様々な問題のご相談にお答えします。

Home » スポーツゴーグル、サングラス、メガネ等取扱品

度付きダイビングマスク NG:M-7500

2012年6月3日 – 4:36 PM

日本人の顔を考慮して、

設計された度入り対応ダイビングマスク

度つきダイビングマスクの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 スクーバーダイビングは、水中という非日常的な美しき世界に我々を導いてくれる、素晴らしいレジャーです。また、スクーバーダイビングに対する正しい知識と、器材の正しい取扱い方法を理解していれば、老若男女を関われず誰でも楽しむことができる親しみやすいレジャーでもあります。しかし、それらの知識と取扱い方法を正しく習得してない場合には最悪の場合、重大な事故につながる危険性があることもまた事実です。そして一方で、その可能性は決して高いものでないことも、ダイバーの皆様は十分ご存知のはずです。

度入りダイビングマスクの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 度付きダイビングマスクの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 ダイビングマスク度付きの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定

 

 

ダイビングマスクのラインナップの中でも、ひときわコンパクトなM-7500。フレーム寸法は一番小さい71×167mmの2眼タイプで、内容積も小さいため、マスククリアも簡単に行えます。ベストセラーマスクのTM-7500QがマイナーチェンジしたM-7500には、従来から採用されていた日本人専用のなだらかな「Jスペックスカート」に加えて、フィッティングラインに「ラウンドエッジ構造」を採用。ぴったりとしたフィッティング感と、装着痕が残りづらい快適性を兼ね備えています。また、11色のカラーバリエーションを揃え、個性的なダイビングファッションを望むオシャレなダイバーのニーズにも応えます。
ダイビングマスク度入りの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定

・ 日本人向けJスペックスカート ・ フレーム寸法 : 71×167mm ・ ハードケース付
・ 近視用度付レンズ交換可能 (MC-7500)

見本装用(度なし)が必要な場合は事前に予約は必要です。

ダイビングマスク度つきの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

BK

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

オーダーメイド度つきダイビングマスの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

CBL

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

オーダーメイド度入りダイビングマスの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

CLB

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

オーダーメイド度付きダイビングマスの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

FY

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

度つきオーダーメイドダイビングマスの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

PBL

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

度入りオーダーメイドダイビングマスの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

PP

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

度付きオーダーメイドダイビングマスの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

SS

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

ダイビングマス度付きオーダーメイドの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

W

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

ダイビングマス度つきオーダーメイドの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500

T

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

<ブラックシリコーン>
・ 日本人向けJスペックスカート ・ フレーム寸法 : 71×167mm ・ ハードケース付
・ 近視用度付レンズ交換可能 (MC-7500)

水中撮影に最適なブラックシリコーンタイプ

ダイビングマス度入りオーダーメイドの製作は、水中と水上での見え方を考慮して度数を決定 M-7500QB

BK

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

度つきダイビングマスク選びは眼鏡専門店にご相談ください M-7500QB

SS

心地よい装着感に、装着痕が付きにくいラウンドエッジ構造が付いて、より進化した度入り対応ダイビングマスクです。

■度つきオーダーメイド ダイビングマスク(個人個人の目に合わせて製作)

何故、度付きオーダーメイド

既成の度付きダイビングマスクは、乱視が入れることができないことや、各人の左右の目の瞳孔とレンズの中心を併せる(瞳孔距離)ことができません。このようなダイビングマスクを使用する場合には、とくに強度の近視や遠視、乱視においては、視線のズレが生じ、水中の中の物体が二重に見えたり、疲労の原因になります。

■度入りダイビングマスクの度数の選び方

一般の眼鏡を製作する場合には、眼から見た物体までの視線は、空気~レンズ~空気という順番に視線が通ります。度つきのダイビングマスクの場合は、空気~レンズ~水の順において視線が通ります。そこで問題になるのが、空気の屈折率(nd=1)と水の屈折率(nd)=1.33)との違いです。たとえば、コップにストローを入れ横から見た場合、水面でストローが折れ曲がって見えたり、水中メガネで水中を見た場合、物が大きく見えたりするのはこのためです。そのため、一般に装用している眼鏡と同じ度数のレンズを水中で使用しても同じ見え方にはなりません。近視の方の場合には、ダイビングマスクに度つきレンズを仕様する場合には眼鏡より少し弱い目の度数で製作することが大切です。

度入りダイビングマスク選びは眼鏡専門店にご相談ください Ⅰ.写真正面左側は、ガラスレンズ自体を視力に合わせて研磨加工、一体成形してあるので、視界のすみずみまでクリアです。(一体型フルビューレンズ)

Ⅱ.写真正面右側は、内面にレンズを貼付けたタイプタイプです。